未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生が取得したい英語の資格とは?TOEIC?TOEFL?IELTS?意味や勉強法を解説

 

大学生におすすめの英語の資格とは?大学生になり、英語をがんばろつという気持ちの人も多いと思います。ここでは、大学生におすすめな英語の資格を解説します。

大学生におすすめの英語の資格 TOEICとは?

外資系も含め日本で就職する際は、まだTOEICが主流です。大学受験では、TOEICまたは、特に英検が二次試験免除になるので有名ではありますが、やはり就職となるとビジネス英語が必要になるのでTOEICに限定されてしまいますね。

英検は、2級までは高校までに習った英語で合格できるレベルですが、準1級からは単語がかなりマニアックになるため、資格として持っていてもあまり意味がないように感じます。

しかしながら、TOEICの弱点としては、リスニングとリーディングの2つに特化しているため、実際に仕事を始めてみると、商談やプレゼンで必要となる話すスキル、書類を英語で書くスキルが欠如しているということです。

とはいえ、ここ最近、リスニング、リーディングだけでなく、スピーキング、ライティング力を測るTOEIC新テストができ、バランス良く4つのスキルを測定できるようになりました。テストとしては、この4つを一回で同時に受けれないことは残念ではありますが、これからの大学生にはこの4つ全てに重きを置いて資格として持ちたいところです。

注意してしたいのは、英検を含めTOEICは日本、または韓国あたりまでしか認知度が高くないことです。将来、海外で働きたいと考える大学生は、最低でも英検準1級、TOEIC900以上は当たり前で、その他にもIELTSやTOEFLの資格を持っておくことが役に立つと思います。

大学生におすすめの英語の資格 IELTS、TOEFLとは?

 基本的にIELTS、TOEFLは留学で海外の大学で必要なアカデミックスキルを確認するための資格ということで、留学にいかない場合は取得に消極的になりがちです。

しかし、留学に行かない大学生にとっても、大学生活4年間でどれだけ英語力があるかという証明にはなるので、これから日本では人気の資格になるのではないかと思います。
正直、TOEICよりもリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングのテスト内容ははるかに難しいです。また、全世界で認知度が高いため、将来世界中で英語力の証明にもなりやすいです。ただ、IELTS、TOEFLと受験費用が2万5000円程かかります。世界に通用する英語のスコアを取得しておきたいなら、おすすめです。

大学生におすすめの英語の資格 IELTS、TOEFLの英語資格とは?勉強法を解説

公式の問題集や、本番同様の傾向の参考書を徹底して取得することです。

問題を繰り返し解き、傾向になれる。どのようなプロセスで問題を解くかを確認する。出てくる単語を文章の中で自然に習得する、出てきた長文は何度も音読して、正確な英文の処理能力を高めるなどの地道な努力が不可欠です。

単語帳は必須ですが、その上で問題をどのように解くか、この選択肢を選ぶ根拠、選択肢の消し方、試験で出される英文の傾向などを理解し、実践演習をこつこつと積み重ねることです。

大学生の英語の資格ならTOEFLとIELTSならどちらがおすすめ?

私は国際系の学部なのですが、周囲はTOEFLよりもIELTSの方が問題は簡単だと言う場合が多く、学内のTOEFL講座は定員が埋まらないのに、IELTS講座はすぐに定員が埋まります。

それもそのはず、TOEFLはタイピング能力も求められること(PC受験のため)、リスニングした内容の要約、リスニングと長文の掛け合わせもんだなどが出されることなど、英文を理解すれば解ける問題ばかりではないからです。

その点、IELTSはリスニング、リーディングなど、完全にセクションが分かれ、かけあわせ問題はありません。

問題がオーソドックスということです。

大学生におすすめの英語の資格で取得しやすいのはTOEICとは?勉強法を解説

総合的に見ると大学生にとっては、TOEICがやはり受けやすく、取得しやすい資格ではありますね。

傾向をつかめば、スコアは取りやすいです。英語に自信がある、受験英語、センター試験等でそれなりに点数の取れる人は、TOEICでスコアを取る素地がある程度あります。早慶に入学する新入生の平均TOEICスコアが600点程度と言われており、学歴的にそれ以下の大学であっても、傾向をつかみ、受験すれば点数は伸びやすいです。

英語に自身がある人は、公式問題集で傾向をつかみ、解く練習を数回重ねればある程度のスコアはいくでしょう。

その上で、結果から自分はリスニングが苦手なのか、文法が苦手なのか、そもそも単語量が不足しているのかを分析します。

通っている大学で、TOEICの講座や授業が受けれる場合、積極的に出席していくと良いと思います。

大学生の英語資格試験対策ならオンライン講座がおすすめ

独学が苦手という大学生や800点以上目指す大学生であれば、オンラインのTOEIC講座で勉強するのがオススメです。

費用もオンライン講座の会社によって変わってくるとは思いますが、月5000円くらいでコツコツ勉強できる講座もあるようです。英会話スクールに通うより費用がかなり抑えられますし、自宅で集中して勉強ができることで、大学生にとっては効率がよいのでないでしょうか。また、オンライン講座を通して、英語を話せる先生と会話をしながらリスニング力やスピーキング力を付けれるのも魅力的だと思います。

ただ、オンライン講座によっては、ネイティブの先生ではないものもあるので、無料体験等を複数試してみて、自分が好きだな、継続できそうだなと思う先生を選ぶことが重要です。

大学生におすすめの英語の資格 TOEICの新テストとは?

新テストでは、リスニングの会話が2人から3人になったりと、より実践的なビジネスでの活用に向けたテストになっています。各セクションの問題数も変わっています。

英語力だけではなく、根本的な解き方、効率よい時間配分のために、公式問題集は購入してしっかり解いておければ、本番は焦らず集中してテストに挑めると思います。

大学生の英語資格は公開受験がおすすめとは?

大学や予備校で実施される、いわゆる「団体受験」での受験でのスコアは、実は使えない場合があります。TOEFLやTOEICは、学内受験が可能な場合があるのですが、実はこのテスト、公開受験とは異なる扱いがなされ、就活や公務員試験での英語試験優遇などで、公式のスコアとして見なしてもらえない場合があります。

スコアに自身がある方は、早めに、公開受験で受験されることをおすすめします。