未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生の遊びとは?遊び方や社会経験としてしておきたいことを解説

 

 

大学生のうちに経験しておきたい遊びとは?

この記事では、時間が取りやすい大学生のうちに経験しておきたい遊びを解説します。随時増やして、網羅的にしていきます!

単なる娯楽でなく、遊びも社会経験の1種としてとらえることもできます。興味のあることにチャレンジして、有効利用したいものですね。

大学生の遊びとしての旅行とは?

大学生は旅をするべきです。また、旅をする準備も大事です。

段取り良く計画を立てることのよい練習になるでしょう。

旅をすることの良さは自分の知らない土地の人々と関わることで異文化交流ができることでしょう。慣れ親しんだ土地で遊ぶのはもちろん楽しいですが、知らないことを経験することは自分を成長させてくれます。

 

他にも普段生活している場所と違うので、非日常を味わえてストレス発散にも繋がるのが旅の良さだと言えます。

 

現地のお店の人と話す、現地の街の雰囲気(建物だったり町並みだったり、人の様子、空気、気質など)を感じ取ることもとても大切な経験になり得ます。

 

 

自分の目で見て直接五感で感じ取った情報は残りやすく、普段見ることのできない世界をアンテナを張りたくさん感じ取ることができるでしょう。

 

 

旅をするときにおすすめなのは、その土地の歴史でも有名人でも、有名なものでもちょっとした豆知識でも何でもよいので少し調べてみることです。行く前に調べていくことで、アンテナを張ることができます。

 

また、現地で見たもの、感じたこと、気になったことについて、少し手元のスマホで調べてみるだけでも、自分が感じたこととセットで記憶に残ります。

 

座学では得られないものを得ることができるでしょう。

 

お金もかかりますが、自分が生で感じた経験と、メディアや本などを通じて得た知識を融合させて視野を広め自分ごととして感じ取ることの大切さを実感できるでしょう。

大学生の遊びとしてのキャンプとは?社会経験としてのキャンプ

近年、初対面の大学生同士でキャンプをする動きが広がっています。

キャンプって、童心に返ったように夢中で自然の中で遊べるので、日頃のストレスなんて嘘みたいに胸が高鳴る経験ができます!

 

普段都心部で生活している大学生は特に、自然の中で生活することで心が豊かになるでしょう。携帯と離れた生活は見なくても良いものを取り除いてくれて、そこでしか見られないものを見せてくれます。

 

住む場所から作り上げていくので、日々の生活の豊かさを実感し、ありがたみを感じるようになります。共同作業が多いので、友人や先輩と行けば自然と仲良くもなれます。

 

人見知りをしないようになります。一生涯の友人ができるかもしれませんね。

 

初めての作業がたくさんあるので、できないことができるようになる喜びも味わえます。

 

テントを張る、夕食を自然の中で作る。川で水をくむ。実際に手を動かしてみることで、意外とテントが張れなかったり、火が消えないようにするのは大変だったり、水の冷たさや生ぬるさを実感したり…。

 

キャンプをすることの良さは、やはり自然の中で過ごすことです。自然を肌で感じ、また自然は人の心を豊かにしてもくれます。自然と笑顔にもなれますね!

大学生の遊びとしての芸術鑑賞とは?ミュージカルや演劇など一流の作品を鑑賞する

ミュージカルや演劇などは、せりふや音響などによって作品の方から積極的に自分に働きかけてくるので、芸術であるとともにエンターテインメントとして楽しむことが出来ます。

 

しかし、ミュージカルや演劇などでも一流のものでは、一方的に働きかけてくるだけではなく、キャラクターや世界観などについて強烈な印象を伴って、自ら考えることを促されるという作用があります。

 

もちろん、漠然と楽しむだけではこのような働きかけの機会をうまく活用することはできません。

しかし、多くの一流のミュージカルや演劇を鑑賞することによって、このような働きかけを、自らの行動や思考に結びつけ、これからの人生の楽しみ方を向上させることにつなげることができるのです。

 

一流のミュージカルは値段も高いですが、ホンモノは価値があります。心揺さぶられ、感動し、恐怖を覚え、気持ちが高鳴り…。

 

言葉では表せないけれども感じることがある。そんな体験をし、心を豊かにしてくれる。そんな体験を少しでもできるとよいですね。

 

余談ですが、アメリカの主要な大学には、必ず「シアター」があります。劇場です。一流のオーケストラ、劇団を呼び学生が鑑賞できるようにと環境が整えられています。

 

芸術も教養の一つ。優れた知性を持つ人間を育てるための大切な心の栄養分として重要視されているのですね。時間のある大学生、一流の作品を鑑賞してみるのも良いでしょう。

なお、教養として芸術は自身を高めてもくれます!

 

www.xn--o9jm3a4v7e7d398un62bgpa916i.site

 

大学生の遊びとしての美術館・博物館めぐりとは?

美術館や博物館には多くの所蔵品が展示されています。模造品を展示していることもありますが、多くの場合は本物です。

 

所蔵品の多くは、カタログやあるいはインターネットのサイトなどでも見たり、その情報を入手することができます。しかし、これらの二次的な情報は、本物が本来持っている情報を加工したり、その一部だけをまとめたものです。

 

必要な情報を入手する際にはそれも有効なのですが、本物のもつすべての情報に触れ、自ら情報をえり分けるのは、本物に直に接することができる美術館や博物館をめぐることが必要です。

 

また、本物はこの世に一つしかないので、様々な美術館や博物館をめぐることで、より多くの本物に出会うことができるのです。

 

ホンモノを見る目、ホンモノを感じ取る力、その作品に込められた意志や、芸術家の思想にまで、少しでもよいので感じ取れるとよいですね。

大学生の遊びとして雑誌を読みまくるとは?社会経験としての学びがある

雑誌には、漫画雑誌などのように、その時に連載されている作品や、情報雑誌などのように、その時に発信されている情報が掲載されています。このような作品や情報は玉石混交から成り立っていて、必ずしも役に立つものだけではありません。

 

漫画が単行本になる、あるいは情報がまとめられる過程で優れた、あるいは有用なものが残されていくのですが、何が優れていて、何が有用なのかをより意識するためには、価値が低いと判断されて残ることができなかった作品や情報に触れることも重要です。

 

また、評価が決まってから読み返したのでは、どうしても色眼鏡で見てしまいがちです。そこで、今出版されている雑誌を現在進行形で読むことが重要になるのです。

 

 

雑誌では、世の中の流行にたくさん触れることもできます。

 

その他、筆者のおすすめの楽しみ方は、雑誌のデザインやコンセプトで作られているか、なぜこのようなページが作られているか、誰に読んで欲しいか、どんな印象を抱いて欲しいか、そのためにどんな配慮がなされているか、を分析することです。

 

雑誌それぞれには、「色」があります。女性誌とビジネス誌では語り口もページのデザインも違います。読者を想定した表現も、素材も配色も、扱うテーマも異なりますし、写真の多さも違います。

 

どんな人たちに伝えるには、ページという場に、テキストや画像やら、どんな表現をして、伝えているか。それぞれのテキストや画像やアイコンは、雑誌を作り上げる総合体として位置します。

 

すべてが相互に影響し合って効果が生まれ、息づくのです。

じっくり見てみると、工夫が見えてきて面白いですよ!

大学生の遊びとしてスポーツ鑑賞を楽しむとは?

鑑賞としてスポーツは、主にそのゲーム性を楽しむものです。勝ったり負けたり、あるいはどのようなプレーをするのかをライブで見ることに楽しみがあります。

自分がそのスポーツをするものとして鑑賞すると、一味違った見方をすることができます。例えば一つのプレーを見るにしても、そのプレーはどのような判断のもとに行われたのか、判断の過程で、他にどのような選択肢があったのか、また、ゲーム全体から見て、そのプレーの位置づけはどのようなものであるのか、などです。

細かいルールを知らないとしても、このようにスポーツを主観と客観の両方の視点から鑑賞することで、そのスポーツがゲームとしてどのように構成されているのか楽しむことができます。

大学生の遊びとしてビリヤードをしてみるとは?

少し大人の香りのするビリヤードにチャレンジしてみるのも良いでしょう。うまく打てるようになっても、だいたいしかコントロールができない、台によってコンディションが異なり調節が難しい、球をどのようにコントロールするか、など、やればやるほどはまっていく面白さがあります。

 

ビリヤードのボールの転がりは基本的に物理のエネルギーの法則に従うため頭を使いますし、テクニックを磨けばどんどん上達します。チャレンジして実践してみるのもよいかもしれませんね。

大学生の遊びとしてダーツとは?

ダーツは大人デートの定番。ゲームセンターだけではなくお洒落なバーにいけばダーツが置いてあることも多々あります。

ダーツは投げ方さえ覚えてしまえば大抵は的のどこかに当たりますし、高得点エリアがあちらこちらに散乱しているためよっぽど力の差がない限り接戦になります。
 
力を使うものでもないので男女差もないのでデートで気軽にやっても盛り上がること間違いなし。入り口が広く奥も深いゲームの代表ともいえるでしょう。
 
ダーツは選ぶゲームにもよりますが1プレイ100円で意外と長く遊べます。この点もお金はないけど時間はある大学生にはぴったりの遊びと言えるでしょう。

大学生の遊びとして漫画を読むこととは?

小説ではなく漫画を読む、というとだらけているように思えます。
 
しかし、漫画の中には非常に勉強になるものもたくさんあるのです。漫画だと読み始める前のハードルが低く、あっという間に読むことができますし、イラストと一緒に情報が入ってくるため意外と印象に残るものです。
 
たとえば、ミナミの帝王という大阪を舞台にした闇金融の漫画では、ただの金貸しのストーリーと侮るなかれ、法律や経済の話がこれでもかというほど出てきます。
 
法律、経済に関しては普通に生活している分には全く関係ないように思えますが、知っているのと知らないのでは全く違います。特に世の中の仕組みに関しては非常に詳細に、大げさに書かれていました。
日本の文化でもあり魅力を伝えられるということも大事なことです。

大学生の遊びとして映画鑑賞をするとは?

優れた映画は、他者の思想や生き様を感じ取り、その人の世界観や人生に触れることができます。

それらに触れ、多くを知り、取り入れる、何かしらの感情を抱くこと、新たな世界観を知ることは、自分にとってプラスになり得ます。

演出や音楽など、世界観に浸れるように工夫が凝らされているのも映画の楽しみです。本とは違う、目や耳から入ってくる情報から、また違う角度から何かを感じ取ることができるでしょう。

また大学生であればぜひ、字幕の洋画にチャレンジしましょう。翻訳ソフトの発達に伴い英語の勉強は不要になっていくという説もありますが、これからしばらくは英語がますます重要になっていくことは間違いありません。
 
学生のうちからビジネス英会話を身に着ける必要はありませんが、日常会話ぐらい学生時代のうちに身に着けておくと社会に出てから全然違います。
 
洋画の字幕であれば2時間はずっと英語です。存分に英語の世界に浸って英語に耳を慣らしましょう。好きな映画を楽しむこともできて一石二鳥です。
 

大学生の遊び場は山も。登山する

山といえば、冬にスキーやボードをするところ、と考えている方、きっと多いでしょう。ですが、山の楽しみ方はそういったものだけではありません。
 
子どもの頃、遠足などで登山をしたけれど、それ以外はしたことない、とか、つらいだけじゃないの、とか、といったことを思う人もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。
 
なんといっても、山に登ったときの達成感は、何とも言えない爽快感を得ることができます。ただロープウェイで頂上にいって、山から景色を眺めるだけでは味気ないものが、自分の足で、一歩一歩道を踏みしめ、山に登るということにより、見えてくるものもあります。最初は高い山である必要はありません。
 
だからといって、「丘」レベルのものではそういった爽快感を得ることは難しいでしょう。特に初心者においては、本格的な登山グッズを必要としない程度の山で十分ですし、時期的にも、冬は危険がありますので、夏山で十分です。
 
まずは、山のことを好きな友人と一緒にチャレンジをしてみてはいかがですか?
 

大学生の遊びとして海外に行く

学生のうちに、海外のあちこちに出かけてみる、という体験、してはいかがですか?もちろん、ここでいう、海外に出かける、というのは、短期や長期の留学ということもその一つに含まれますが、そういったものではなくても、旅行をする、ということもよい経験になると思われます。
 その海外旅行に行く、というのも、もちろん、初めての海外で不安、という人の場合、パックツアーで行く、というのもよいでしょう。いろいろな面で安心できますから。
 ですが、少し慣れてきたら、また、交通事情がよく、治安がよいところであるならば、航空チケットとホテルだけを確保して、あとはフリーで出かけるのもよいでしょう。ホテルにおいても、パックツアーで泊まるようなホテルではなく、学生向けに安く泊まれる宿泊施設は海外に多くあります。そのような宿泊施設に泊まると、同じように、世界のあちこちの国から来た、いろいろな人たちと出会うことができます。普通のパックツアーなどでは体験できないような出会いがそこにはあります。そういった方々と接するなかで、世界のいろいろな国の文化に触れあうこともでき、また、逆に、日本のよさを実感することもできます。

大学生の遊び場所は全国に。列車に乗り込み旅を楽しむ 

列車の旅は、時間のある学生にはお勧めです。社会人になると、時間を優先しないといけない事情があることも多く、新幹線や特急、場合によっては飛行機を使っての移動が多くなります。ですが、学生の特権である、時間的余裕を最大限活かした列車の旅をしてみるのもよいですね。
 そういったときにお勧めの切符が、青春18きっぷです。大変安くお得な切符で、在来線を利用した旅には最適の切符になります。これを使って、ローカル線の旅、たとえば、名古屋から中央線を利用して塩尻に向かうというのもお勧めできます。途中、中津川までの景色も、高蔵寺駅を抜けたあたりから、急にローカルな雰囲気が漂う路線になります。中津川で乗り換えをしたら、木曽川沿いに広がる長野の山々に癒される旅もよいでしょう。また、海岸沿いを走る路線に乗ってみるのもよいでしょう。山陰本線を走る列車から景色は、山の景色、川の景色、湖の景色、海の景色などさまざまな楽しみ方ができます。時間のある学生時代だからこその旅、楽しんでみませんか。

大学生の遊び方としてカフェめぐりをしてみる

 チェーン店とは違い、カフェには、その店のマスター(オーナー)の趣味や趣向が顕著に表れています。例えば、コーヒーカップや家具といった内装にしても、そこにはこだわりがあり、特別な空間へと誘ってくれます。そういったこだわりに触れることで、お店を後にした時には、自分も少し大人になったような気がします。 カフェでは、店主のこだわった豆を挽いたコーヒーを提供していたり、他にも、そこでしか味わえない逸品としてのスイーツがあったりします。コーヒー好きな人が日本には多いので、社会人として世間に出る前に、まずは上質なものを味覚、嗅覚を通じて体験しておくと、洗練された雰囲気をまとえるのではないでしょうか。また、カフェでは、時間をゆったりと過ごすことが出来ますね。喧騒の中で、一杯のコーヒーのためだけに時間を過ごすというリッチで大人の心の余裕を今の時間のあるうちに体験しておくと、自分が社会に出たときに「ゆとり」を忘れない大人になれると思いますよ。

大学生の遊び方として釣りで遊ぶ

釣りをするということは、海や川、湖といった状況を踏まえながら、獲物である魚の個性に合わせて、論理的に攻めることができるかがポイントです。ただ単純に糸を垂らせていれば釣れるほど、魚も下等動物ではありません。弱肉強食を絵に描いたような「食うか、食われるか」の生存が魚にもかかっていますから、相手も必死に釣り人の罠にはまらないようにします。まず釣りたいものに合わせた道具やエサ(活餌またはルアー)を適切に選び、天候などをチェックするところから、釣り人のしかけは始まります。技というよりも、まずは論理的に考えることが面白みの一つでもあります。このように、釣りには社会に出てからも必要とされる「論理的思考力」や「観察力」が求められますし、粘るという「忍耐力」や相手との交渉のような「駆け引き」という手腕が問われます。そうしてようやく獲物が釣れたときの喜びは、あなたにきっと「自信」を与えてくれる成功体験となるでしょう。 

大学生の遊び場所としてディズニーランドやUSJで遊ぶ

釣りが論理的思考の遊びの極みとするならば、ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以降、USJと略)で遊ぶことは、童心を忘れないということにつながります。社会に出てから、杓子定規に物事を考察していては、自分も相手も疲れます。そういったときに、遊び心といったゆとりを忘れないことが人間関係を円滑にもたらすと言えます。ですから、ふっと「最近の自分は疲れてるな。トゲがあるな。」と感じたら、自分を解放しにいくこともよいでしょう。それはゲームであったり、読書であったり、自分の好きなことや空間に身を投じるということです。そういう意味でも、全ての人があの空間に行ったら、魔法をかけられたように解放されるディズニーランドやUSJはお勧めです。また、そこでお客様を迎え入れてくれるスタッフたちの隅々まで行き届いた心配りに触れることで、帰るころには心が温かくなり、翌日からリセットされて頑張れると思います。

大学生の遊び方として麻雀で遊んでみる

麻雀の魅力は、その奥深さにあります。麻雀初心者では、ゲームで、中級以上では雀荘で卓を構えて・・と様々な遊び方ができます。
一度、麻雀の世界に踏み込めば、その世界の広さを感じますよ。携帯ゲームでも十分楽しめますが、麻雀の楽しみ方は、卓を構えての心理戦にあります。相手の狙っている役そして牌は何か?捨て牌や相手の動きから見極め、リスクを回避しながら、自分の手牌を少しずつ進めていく。
「ポン」や「チー」で速攻を狙うか、大きな役を狙うかは作戦次第。麻雀に詳しくなればなるほど、考える要素が多くなっていくのが魅力的なところでもあります。一度、役満でアガると、その魅力に憑りつかれてしまうのも、麻雀の魅力の1つでしょう。

大学生の遊びとしてスポッチャ・ボウリングをしてみる

スポッチャの良い点は、いろんなスポーツをさまざまな楽しみ方で遊べることができること。ボーリングもその1つですね。ラウンドワンのボーリング場は、ラウンドワン全店でJBCの支部設立や公式競技ができる本格的なもの。
 
最新レーン・マシンや国際規格ピンを使用しており、国際基準の競技ができるほど充実した施設になっています。実際に使ってみても、ゲームでの使いやすさと施設の充実度そしてスタッフさんやインストラクターさんのレベルが高いことがよくわかります。
 
おススメは、「スクリーンレーン」ですね。「スクリーンレーン」とは、自分のお好き曲をリクエストして、デジタルジュークボックスに100円を投入すれば、目の前のスクリーンに大迫力のプロモーション映像と音楽を楽しみながらボーリングができるのです。
 
ストライクに向けてテンションを上げたいとき、ターキーに王手して緊張感が高まってきたときなど状況に応じて、自分の好きな音楽と映像をリクエストして気分を高められます。
 
スポッチャのボーリングでは、ドリンクを飲みながらワイワイ楽しめるところが特徴的なところ。そのドリンクも300円を追加すれば、なんと飲み放題になります!。コーヒー、コーラからコーンポタージュなど15種類にわたってホットもアイスも飲み放題!。
 
ストライクを取る前にはコーヒーやアイスカフェオレで冷静に、ストライクを決めた時には、コーラで乾杯したりするなど様々な飲み方が可能です。
 

大学生の遊びとしてのラウンドワンへ行く

ラウンドワンを一言でいうと、遊びの詰まったおもちゃ箱!
ボウリング、カラオケ、ビリヤード、ダーツ、卓球、バッティングなどなど大人数でワイワイ楽しみたい人も、一人でじっくりと楽しみたい人、その道を究めたい人でも十分楽しめる施設です。
運動が苦手な人でもゲームコーナーやカラオケなど十分楽しめる施設があるので大丈夫。
ラウンドワンの魅力は、何といっても楽しみながら遊べるところ。人目を気にせず大騒ぎしてもいいんです。

大学生の遊びとしてボードゲームで遊ぶ 

テレビゲームやスマートフォンアプリゲームの発展に伴い、ボードゲームをやる機会は著しく減ってしまいました。昔は仲間で集まって人生ゲームなどを楽しんだりしましたが、おそらく今の学生はボードゲームで遊んだことがない世代なのではないでしょうか。しかしボードゲームにはテレビゲームにはない楽しみ方があるのです。操作によってできることが決まっているテレビゲームとは異なり、ボードゲームでは遊び方は自由自在。仲間内でオリジナルのルールを作ってアレンジして遊ぶという楽しみ方が時として正統な遊び方より楽しくなることも多々あります。もちろんオリジナルのルールで楽しむためには仲間内でのコミュニケーションが大事。ボードゲームは「オリジナルのルールを考えてコミュニケーションをとる」というスキルを身に着けることができるのです。

大学生の遊びとしてyoutubeに動画投稿

ただ漫然と自分の撮りたい動画をアップロードしているだけではなにも得るものはありません。Youtube動画投稿を充実した活動にできるかどうかのポイントは2つ、世間のニーズを正しく把握しそのニーズにこたえる動画を投稿できるかどうかと、作った動画を適切にプロデュースできるかどうかだと思います。動画投稿はその結果がすべてアクセス数として客観的に表れるため、言い訳は一切できません。アクセス数を集めるための努力は商業の基本と直結しており、その経験は社会に出たときに絶対に役に立つはずです。これは大学では教えてもらえない生きた知識です。おまけとして動画を撮影したり編集したりする技術も身につくでしょうから、結婚式の2次会の映像を作ったり会社の余興の時に役に立つかもしれません。

大学生の遊びとしてブログをはじめる

就職試験に小論文がある企業もありますし、社会人になると自分の伝えたいことを文章化することを求められるシチュエーションがしばしばあります。
また自分の考えを理路整然と話すためには、頭の中で言いたいことを文章化してアウトプットするという能力が求められます。
ビジネスにおいて自分の発想や意見を文章にして提出を求められることも頻繁にありますが、自分の思っていることを文章にするという事は実は非常に難しいのです。
学生のうちからブログを始め、自分の意見、考えを正しい文章で形にする経験をしておくことはとても大切だと思います。
「習うより慣れよ」ということわざもあるように、たくさん文章を書いておくことはよい勉強になると思います。

大学生の遊びとしてプラモデルを作る

 プラモデルを完成させるためには、複雑に記載された説明書をちゃんと読んで理解して組み立てる能力が求められます。きれいに完成させよう、と思えば丁寧な仕事をする必要があり、手を抜けばそれはすべて完成品の完成度として表れます。プラモデルは必要なパーツがすべてそろっており誰でも必ず完成させることができるわけではあるのですが、一つの作品を目指してコツコツと作業を続ける経験はきっと社会に出てからもよい経験になるでしょう。よりリアルに実物に近く作りたい、と思えばいろいろ手法を調べたりテクニックを磨いての自己研鑽が求められます。 またマスキングやパテ埋め、塗装作業などプラモデルを製作するうえで必要な技術は時として日常生活においても役に立つときがあります。

大学生の遊びとしてゲームを極める

ただ単に「ゲームが好き」というレベルではなく、「ゲームを極める」ことには、実は大きなメリットがあります。極めるということは、集中力を高めるだけでなく、「この行程をクリアするには、どのような作業が必要か」といった仮説を立てては実践を繰り返し、その微調整から成し遂げるといった論理的思考が養われるからです。これは、非常に地道なルーチンではありますが、根気強さが育まれます。社会に出ると、学生の頃のように公式からすぐに答えが導き出せるものは少なく、何年にも及ぶプロジェクトを根気強い作業で乗り越えていかなくてはなりません。そういう意味でも、この忍耐力と仮説を立てるウィットさが、実は物事の進展を進める鍵になっていると考えることができます。

大学生の遊びとしてサバイバルゲームをしてみる

サバイバルゲームは、かつては男子だけの遊びのイメージが強かったですが、最近は女子も積極的に参加する傾向にあります。というのも、単純にエアガンなどを打つというものではなく、きちんとしたルールに則ってスポーツ感覚で楽しめるチームプレーだからです。参加することで、一つのミッションを成し遂げるための一体感が生まれるだけでなく、いろんな人との新たな交流の場になっているので、社交的な一面も自分の中に養うことができます。これは、社会に出たときに、様々なタイプの人と交わっていく上での即戦力となるのではないでしょうか。また、その場の状況を瞬時に把握する能力や適応力も養われるので、健康的に身体を動かしながら論理的に脳も活性化されるサバイバルゲームはお勧めです。

大学生の遊びとして手芸を始める

手芸というと、女の子のたしなみであったり、シニア女性の趣味という感覚が古くからありますが、近年は「手芸王子」という存在が全国の老若男女に手芸の良さを広げたことから男性の中でも受け入れられるものとなりました。手芸では、手先を動かすことから脳の活性につながると言われていますし、また一つの作品をつくり上げる上で、バランス感覚や美的感覚が養われます。そして、作品をつくり上げる集中力と細かい作業を丁寧におこなう忍耐力は、会社勤めをするようになってからも活かされること間違いなしです。手芸を通じて、細やかな気配りを身につけることができるので、接客時や女性スタッフとの交流の際にも配慮という面がにじみ出てくるのではないでしょうか。

大学生の遊びとして本を読みまくる

あらゆる分野の本を読破するということは、人間の知識だけでなく、内面をも養ってくれると考えられています。人は、一生のうちで様々な事柄に興味を持っていたとしても、限られた時間枠の中では、なかなか実際に体験することはできません。しかし、本という媒体を通して、疑似体験をすることで人間に深みが出てくるものです。また、社会に出た際に、もっとも求められるのは、ある特定のスキル以上に、人とのコミュニケーション能力だと言われています。なぜなら、いくら優れたスキルを持っていても、それを人に伝達する術を持っていないと理解してもらえないからです。そこで、あらゆる著者の本を読むことで、様々な物の捉え方や感じ方、伝え方がおのずと身につく読書は、社会人になってからも続けてほしい習慣の一つです。

大学生の冬の遊びはスキー・スノーボードがおすすめ!

スキー・スノーボードは大学生にお勧めです!これらは通常、雪国の学生でない限りは、宿などに泊まり、数日間に渡って遊ぶことが多いと思いますが、そこで得られるのはスキーやスノーボードの技術だけではなく、交流の場です。学生なので安い宿の大部屋に泊まることが多いと思いますが、そこで大人数での交流の場が持て、より絆を深めることができますし、実際にスキーやスノーボードを行う時には、上級者が初心者にテクニックを教えることでもコミュニケーションをとることができます。また、純粋に雪景色の中で自然を利用して楽しむという点においても、時間のある大学生が数日間に渡ってスキーやスノーボードを行うことは、とても有意義な時間になると思います。

大学生の遊びとして自転車で旅をするのもおすすめ

自転車での旅は、時間のある大学生だからこそできる旅といっても過言ではないと思います。自転車は移動手段としてはお金もかかりませんし、駐輪も比較的しやすいこと、気になった場所があればすぐに立ち寄れるという点において非常に優れていると言えます。

しかも、交通費がかからない分、長く旅を続けることができます。観光や○○巡りといったテーマを決めて、一人でも、数人でも楽しめることも魅力の一つだと思います。

どれくらい時間がかかるか予測できない分、宿は事前に予約することもできないため、行き当たりばったりの宿に泊まるというのも、社会人になって計画性が求められる生活になってからでは経験できない楽しみ方であると言えるでしょう。

大学生の遊びとしてさまざまな人と出会うのもおすすめ

大学生のうちにさまざまな人と出会うのは、自分の将来や生き方を決めるという点において非常におすすめです。大学生になると、高校生の頃までとは違って、比較的身軽に行動しやすくなると思います。

そこで、アルバイトや就職活動など、いろいろな人と出会うことができる環境に身を置き、さまざまな人たちと交流を得ることで、それまでとは比べ物にならないくらい沢山の考え方や生き方があることを知れます。

そうすれば、大学を出た後自分はどう生きればいいのかを考える選択肢がグッと広がりますし、何か壁にぶつかることがあっても、出会った人々の言葉や生き方の中にその壁を乗り越えるヒントを見つけ出せるかもしれません。

また、人生の先輩ともいえる人と友人関係になって、生涯にわたって刺激を受け続けられることにも繋がります。

大学生の遊びとしての飲み会とは? 飲み会の活用の仕方とは? 飲み会の種類にもさまざま

大学生は飲み会に行くことで、単に楽しむということだけではなく、ストレスの捌け口として活用したり、いろいろな考え方を知る機会を得たりすることができます。

近年はストレス社会と言われていたりしますが、そのストレスを解消する方法として、誰かに話を聞いてもらうというのは非常に有効な手段です。

特に飲み会でのお酒の場というのはしゃべりやすい雰囲気があり、普段の素面の状態よりもお酒が入ることによってあまり気を遣わずに話すことができます。

また、飲み会では話すことがメインとなるため、普段は聞けない人の話を聞く機会に恵まれやすく、その中で自分の視野を広げたり、知識を増やすことにも繋げられるため、大学生には非常におすすめです。

大学生の遊びとしての宅飲みはおすすめ。その意義や楽しさとは?

最近、宅飲みが流行っていますね。大学生のうちに、お酒の味を色々と覚えておきたいところですが、バーやお店ではどうしても場所代や人件費といった諸々のため、費用が高くなってしまいます。

そこで、お勧めなのが、「宅飲み」という自宅でお酒を楽しむシステムです。酒屋さんだけでなく、今や大型スーパーなどでも様々な種類のお酒を取り扱っています。それらは、お店で飲むよりも、比較的安価に購入できるので、いろんな種類に挑戦したい若者にはもってこいです。

また、宅飲みの場合、仮に悪酔いしてしまったとしても、自宅なので安心して楽しむことができるというわけです。その他にも、食材を購入して、お酒にあった「おつまみ」や「あて」を自分なりに研究して楽しむことができます。

外飲みするよりも安く浮いたお金で、お店では手の出しにくい高級なお酒を購入して、「本物の良さがわかる舌」を育ててはいかがでしょうか。社会に出た時にその経験がきっと活かされること間違いなしですよ。

大学生はサシ飲みがおすすめ。その意義や楽しさとは?

「サシ飲み」という言葉をご存知でしょうか。

これは大勢で楽しむお酒の場というのではなく、一対一でとことん飲んで語り合うという場合を指します。日本人は海外の人々に比べて社交性に欠けるといわれており、お酒の力を借りて開放的な気分になり、普段話さないような深いトークを展開することで意思疎通を図ろうとすることがあります。

よく社会人になったら、会社の中では限られた時間のため、仕事を通じてしか交流を持てないことが多いです。そこで、時間外にはなるのですが、サシ飲みをすることで、相手と信頼関係を築いて、プロジェクトなどに向けての阿吽の呼吸を育もうとする傾向があります。

ただ、サシ飲みを知らない新入社員に多いのが、人間関係を構築していく前に、お酒に飲まれてしまって深いトークを展開できずに上司や先輩たちから失笑を買ってしまうことがあります。

ですから、社会人になる前に、サシ飲みのマナーを身につけておくことをお勧めします。

大学生の遊びとしてのカードゲームも楽しい

カードゲームにもいくつか種類があって、トランプやUNOなどの古典的なものから、最近はトレーディングカードゲーム(以降、TCGと略す)が流行っています。

カードを購入するために散財するのではと懸念される方もいらっしゃるかもしれませんが、「いくら費やすか」と自分の中でルールを決めれば問題ありません。

これは、資産運用の練習になると考えれば良いでしょう。ただ、購入したカードの量が膨大になりゴミになるのが嫌な人は、スマホのTCGアプリを試されてはいかがでしょうか。

スマホでしたら、アプリ内に全てのカードを収めることができ、収納というデメリットも簡単に解決できます。こういったデジタルカードゲームでしたら、無料でも始められるのでお得かもしれませんね。

また、仲間とルールに則って交流を行なうので、非常に理性的なコミュニケーションをとるゲームであると言えます。

昨今、コミュニケーション能力が希薄になりつつあるので、デジタルゲームの場合は全国の様々な人との会話を、アナログでは身近な人たちとの深い会話を楽しんで、社会に出た時にどんな会話でも対応できるようなトーク力の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

 

大学生の遊びとしてのドライブとは?

ドライブとは、やみくもに車を走らせることがを指すのではなく、事前にポイントをいくつか押さえて車を気軽に走らせるのが最もスマートな大人のドライブといえます。

例えば、目的地にただ一直線に着こうとするのではなく、途中トイレ休憩がてら車を休憩させられるスポットとして、美味しいランチがいただけるカフェなどをチェックしておくのもお勧めです。

こうした計画性がドライブを通して身につくという利点があります。また、ドライブ中は運転をしながらも、同乗車との楽しい空間を共有する機会でもあります。

ですから、どんな音楽を聞くか、どんな話を展開して相手を楽しませるかといったエンターテイメント性も養えますので、積極的に車を走らせてみましょう。

大学生の遊びとしてのバックパッカーとは?

カバン一つで、国々を巡るバックパッカーは、時間のある大学生のうちに是非とも挑戦してほしいことの一つです。まず、旅行会社のツアーに参加するのではなく、自分で一からその国について検索し、計画して、それを実行していきます。

これを怠ると、旅先で自分にとって大変不利な状況となります。そういう意味では、緻密さが要求されます。また、用意周到に事を計画していても、不測の事態というのが起きがちなので、それを臨機応変に乗り切っていく能力も自然と培われます。

バックパッカーから帰ってくると、世界を見てきている分、視野も大変広がっており、一回りも二回りも人として大きくなっているという点では、社会に出る前に是非体験してみてはいかがでしょうか。

大学生の遊びとして恋人を探すorデートする

恋人を探すという行為は、裏を返せば、自分探しの旅ともいえます。まず恋人を作ろうと思ったら、魅力的な人間を目指さなければなりません。「今のそのままの自分を受け入れてくれる相手」を探しているようではダメです。

いくつになっても成長をし続けようとする人の方が魅力を感じたことはありませんか。そういう人間を目指すためには、自分と違った一面であったり、自分にはない魅力を持った恋人を求めようとすれば、おのずと人は自分磨きに励むのではないでしょか。

これは社会に出てからも言えることで、常に向上心を持った人が評価される場合に非常に似ています。また、意中の相手と様々なデートをすることも大切です。デートには、TPOにあった服装を選んだり、振る舞いを身に付けさせてくれます。

そして、相手に耳を傾けて尊重するといった協調性も養われます。その他にもデートプランを考えるために、シミュレーションする能力は、社会人になってからもプレゼンなどの事前準備に活かされます。

大学生の遊びとしてのバーベキューとは?

バーベキューでは、今まで話したことのなかった人と話すことができるいい機会だと思います。

 

サークルなどでバーベキューをすると、だいたい役割分担をすると思うのですが、その役割にも向き不向きがあると思うので、必ずしもいつも一緒にいる人と同じ役割になるとは限りません。

 

そこで今まであまり関わりがなかった人と同じ役割になったとき、もちろん必ずというわけではありませんが、新たなコミュニティが生まれるのではないかと考えます。
またバーベキューは、その人の性格が現れやすいイベントなのではないかと思います。ずっと焼いたり火を起こす係りを担っている人もいれば、ずっと友達と食べたり話したりしている人など、様々な人がいると思います。もちろん人それぞれ得意不得意がありますし、その得意分野がバーベキューという場で発揮される人、されない人いると思います。しかし、バーベキューというイベントを通して見えてくるものは必ずあると思います。私が所属するサークルには野菜係というものがあり、野菜係に任命された人は、担当の野菜を各自で食べやすい大きさにカットし、当日もってこなければいけません。そのとき、野菜の切り方に性格が現れていて、こういうのを見るのも面白いなと思いました。

大学生の遊びとして海水浴とは?

海水浴は、みんなでふざけあうことができてとても楽しいものだと思います。

水を掛け合ったり、浮き輪でぷかぷか浮いたり、沖まで泳ぎに行ったりと、遊び方は様々あるかと思いますが、たとえばレクでやる騎馬戦は、今まで海に来て遊んだものの中でかなり上位に位置する楽しさでした。

 

第一に、海の中(下の人のひざにかかる程度の深さ)で騎馬を組むので、運動会などでやるような陸上の騎馬戦よりも、落ちても海の中だから痛くないという安心感から戦いが激しくなりがちです。

 

また下の人は動きにくいので、ポジションどりも難しかったなと思いました。このような環境の中で考える攻防戦もまた楽しさのひとつであったと思います。

 

大人数だったり、家族で行ったり、友達数人で行ったりと、一緒に海水浴に行く人次第で楽しみ方は変わってくるのかなと思いますが、誰と行っても楽しいのが海水浴だと思います。

 

先ほどはサークルのレクのお話をしましたが、家族でダイビングをしたり、友達とビーチバレーをしたりするのもまた楽しいと思います。

大学生という最後の青春は、自分の工夫次第でいろいろな楽しいものに変えられると思います。

大学生の遊びとして花火大会・秋祭りなどお祭りに行くとは?

お祭りというと人ごみが苦手であまり好きではない人もいますが、そんな人でも楽しめるのが花火大会だと思います。

 

空一面に大きく打ちあがる花火は、少し離れた場所からでも十分きれいに見れます。特に小さいころからよく行く花火大会がある人と一緒に行くと、穴場スポットを知っている場合があります。

 

デートで行くときに穴場スポットを知っていたりすると、より落ち着いて二人だけの空間を作れたりするので、そういった下調べをする男性も少なくないのではないでしょうか。

 

デートでなくても、穴場というほどなのでいままで知らなかった場所に行くことが多いかと思います。そういった新しいことを知れるのもまた面白いと思います。

 

またお祭りというと、大体は舞台もセットになっていると思いますが、その舞台を見るのも私は面白いのではと感じています。舞台上で披露されているものは、その土地・お祭りの伝統的なものだったりすることも少なくありません。

 

どんな伝統があるか知ると、違った視点でお祭りを楽しめるのではないかと思います。

大学生の遊びとして遊園地に行くとは?

東京ディズニーリゾート・USJは除いて書いて下さい。具体的な遊園地名やテーマパーク名を出しても、それについて具体的に書いてもかまいません。

 

遊園地は、アトラクションなどがたくさんあるので行っただけで楽しいと思いますが、開園時から遊んでいると疲労がたまりやすいものだと思います。そこで、適度に疲れをとりつつ楽しむことができるのが、どこの遊園地にもたいていある「ショー」です。

 

たとえばサンリオピューロランドでは、ハローキティをはじめ、様々なサンリオキャラクターが登場するショーがあります。サンリオのキャラクターに会えるという嬉しさも加わり、遊園地での楽しさが倍増すると思います。

 

遊園地での食事も楽しみの一つです。

その遊園地のマスコットキャラクターを用いた食事など、遊園地内でしか食べられないものがたくさんあります。

少しお値段が張る場合も多いとは思いますが、せっかく遊園地でしか食べられないものですので、少し奮発しちゃう人も少なくないのではないでしょうか。

 

一口に遊園地といっても、アトラクションに乗ること以外にたくさんの楽しみ方があると思います。

 

自分なりの楽しみ方を見つけると、さらに遊園地が楽しくなると思います。

サークルに入る

遊びとは言えないかもしれませんが、サークルに入ることも立派な社会経験です。

好きなこと、趣味や打ち込めること、それらをともに経験する仲間がいることで、自身が見えてくることがあります。

 

人との出会いも大切な大学生活の要素です。

大学生は遊びすぎないように

大学生の本業は勉強です。勉学をおろそかにしてどこかに行く、テスト勉強より遊びを優先するといったことのないようにしたいものです。