未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生は目の前の活動から何かプラスを吸収しようする姿勢が大切

 

 大学生が成長するにはどんな姿勢が必要だと思いますか?バイト、サークル、授業、友達との会話の中や、街を歩く中…至る所に成長のチャンスは隠れています。この記事では、大学生が成長するための姿勢の一つを解説します。

目の前の活動から何かプラスを吸収しようすること

 目の前の活動から、何でもよいのでプラスを吸収するんだ、自分自身に活かすんだという気持ちで取り組んでいますか?

確かに何でもかんでもというのは厳しいかもしれません。
しかし、多くの方はそのハードルを著しく下げています。意外に何も考えずに向き合っていることが多いという気がします。

 

私が所属していた委員会でも、タスクに対するマンネリ姿勢が目立ちました。締め切りまでに企画書を書く、資料を作る、交渉する、印刷する、案を考える、企画当日の受付をする…。多くの大きなタスクから小さなタスクがあります。

 

これらを単なるタスクととらえるのも面倒だという気持ちも分かるのですが、もう一歩、別の気持ちもどこかに持っていてほしいところです。

 

それが、何ごとも自身にプラスに活用するという気持ちです。

 

企画書や資料を作るときには、相手の分かりやすい、伝わりやすい文書を素早く書く鍛錬になります。見やすい資料を書くにも、フォント、グラフ、図、文章、配置の仕方や項目分け、段落分けなど、配慮があります。それらに関して、少し視線を上がて学んでみるということも、自身にとって価値のあることです。

 

何も考えずに、締め切りぎりぎりに眠い目をこすって徹夜で間に合わせた人よりも、少し時間がかかっても多くを学び、自身にとっても組織にとってもプラスになる資料を作った人の方が、より実りのある時間を過ごすことができます。

 

目の前の行為を「ただやる」ということでは自分の時間を損します。どうせなら、自身の時間をかけてでも、アンテナを張り、興味や発想の幅を広げ、気になった事項を深掘りし、体得していく方が良いのではないでしょうか。

 

その方が、そのタスクによる結果も良くなります。組織や周囲にとっても、自身にとってもプラスになるのです。

目の前の人の言動を観察し、良いと思う点を取り入れているでしょうか?

悪いと思う点は反面教師にしているでしょうか?

バイトやサークル、委員会、ボランティア、授業の課題…。ただなんとなく「こなしている」だけになっていませんか?

本サイト内の他の記事でさまざまな具体例を挙げていきますが、日常の中にはさまざまな「着眼点」が隠れています。

それらの着眼点を見出し、気づき、自身の学びに変えていく姿勢が求められるのです。