未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

簿記を学ぶ意義やメリットとは?簿記が役立つとき・重要性を解説

 

大学生が取得するおすすめ資格としてよく登場するのが簿記ですが、実際その内容やメリットとはどのようなものなのでしょうか?

ここでは、簿記を学ぶ意義について考えてみました。

簿記とは?

簿記とは、起業の経営状態を記録し、計算、整理して、営業利益や財政状況を明らかにする技術です。企業規模の大小や業種、業態は問わず、自営業と言った小規模から大企業までどんな企業でも必要とされます。

大学生が簿記を学ぶメリットとは?

簿記を学習すると、経理事務を行うために必要な会計知識が身につくだけでなく、財務諸表(企業の経営の状態を表す資料)を読む力が得られます。

 

そのため必然的に企業の経営の管理や分析力が身につきます。企業の支出や利益の金額を直接計算するわけですから、自然とコスト感覚が身に付き、常日頃からコストを意識した仕事ができるようにもなります。

 

さらに取引先の経営状況も把握できるため、経理担当ではなくても、社会人全体に役に立つ資格と言えます。

企業で働くための知識としてはもちろん、自営業を始めた場合なども、自分の会社の経営状況を把握するために、簿記の知識は必須です。

 

また企業は納税額を確定する「決算」と言うものが義務付けられています。日本はいわゆる申告納税制度なので、簡単に言えば、資産や売上から経費や各種控除などを引いた課税額を明確にし、納税額を申告しなければなりません。

納税額を算出するためにはその年の資産や負債、損益をはっきりさせる作業、即ち決算が欠かせないと言うことになります。

簿記の知識を学び自分で「決算」ができるようになれば、もし起業した場合や自営業の事業主になった場合、経理担当者を雇う必要がなくなるのもメリットです。

また税金の知識も自然と身につくので、確定申告の際も必要書類などをスムーズに作成することができるでしょう。

さらに、公認会計士や税理士等の国家資格を目指している場合は、これらの資格は簿記の知識を理解していることが前提であることが多いので、簿記を学習することは必須であるとも言えます。

 

また自分の家計を会社に見立てて計算することにより、効率的な家計の経営を把握することができるので、私生活での無駄な出費をなくすことにも繋がります。その際に簡易的な損益計算書を作成すれば、感覚的に計算するよりも遥かに家計の改善がしやすく、パートナーと家計の相談をする際に共通の物差しとなり役立ちます。

 

このように簿記は、企業で雇用されて働く場合、事業主になる場合、会計士や税理士として働く場合、さらには主婦の家計簿作成まで、必要とされる機会は多岐に渡り、社会人として生活する上で習得していて損は決してない資格と言えるでしょう。