未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

化学を学ぶ意義やメリットとは?化学の重要性や教養としての価値、身につく思考を解説

 

理系の大学生は必ずといってもいいほど、高校までに学んだ化学とプラスαの知識を求められます。

なぜ生物や物理を学びたい大学生が化学を学ぶ必要があるのでしょうか?

幅広い分野にまたがる化学

化学という分野はとても広義に渡ります。

有機化学や無機化学、量子化学など、その分野は様々。

しかし、その根本には「基礎化学」という分野があります。

 

さて、この「基礎化学」は種々ある化学分野の根本になる分野ですが、ある程度は高校までに習うものが多いです。

 

ですが、理系の大学の授業にはかならず「基礎化学」という科目があります。

大学では高校までに習った化学により発展的な内容を含めた内容になります。こういった基礎は、化学分野においての基礎と思われがちです。

 

 

しかし、たとえ化学系の学部学科でなくとも、こういった基礎化学などの科目は必修科目として用意されており、一年次のうちに履修することを推奨されています。

化学を教養として学ぶ意義とは?

ではなぜ、化学分野以外の大学生が化学を学ぶ必要があるのでしょうか。

化学の分野を勉強する必要があるのは、化学系の分野に進みたいと思う理系の学生であるというのが一般的な認識です。

 

時にはなぜ化学を学ぶ必要があるのかと考える理系学生もいます。

しかし、結論から言うと化学分野以外に進みたい学生以外でも化学分野を学ぶ必要性はあります。

 

特に生物系など、化学に隣接する分野の勉強をしたい大学生にとっては重要です。

 

それは、化学が様々な物質変化・反応の根底を研究するための科学だからです。

 

化学とは、「さまざまな物質の構造・性質および物質相互の反応を研究する、自然科学の一部門」です。

 

科学において勉強する物質がどういった性質をもっているか、その物質同士がどんな反応を示すのか、それを研究している分野です。

 

この「物質」というのは、物理や生物学においても重要なファクターとなります。

物理学や生物学でも化学の知見が必要な理由とは?

物理学は自然界に存在する物質が引き起こす現象についての法則を理解し、その物質をより基礎的なものに分解して理解することを研究する分野です。

この「自然界に存在する物質」とはつまり、化学において研究されている「物質」でもあります。

 

化学にて頻出する「原子構造」などがそのものです。

また、生物学は生命現象を研究する分野です。

 

これらは農学や医学にも応用されますが、応用された先では化学物質の合成などで基礎的な化学の知識がなければ研究ができない分野もあります。
細胞が生成する物質がどんな分子によって構成されているかなどの研究は、化学から生まれたもの。

 

それを理解してから生物学を学ぶことで、より理解を深めることができるのです。

また、建築学においても建築物に使用するものを構成する物質のことを知ることができる重要な分野です。

 

こうしてみると、どの理系分野においても化学を学ぶ必要性があるように思えます。
だから理系分野に進む学生に対して化学が必修になっているのでしょう。

生物学に関連する実験をするにしても、生物学では実験器具の名前と使い方を教えてはくれません。

 

実験器具の名前と使い方を教えてくれるのは化学です。
また、pHと水素イオン濃度の関係などは化学の基本的な要素として学ばれる項目のため、これがわかっている前提で生物系の研究は進みます。

 

ここまで見ると、一年次で学ぶ必要があるものであることは確かです。

さて、ここまでは「基礎化学」について述べましたが、発展的な化学についてはどうでしょうか。

化学の関連分野とは?

化学には発展的な、いくつかの関連分野があります。代表的なものは5つです。

 

物理化学は物理学的な視点から化学反応などを研究する分野です。これは物理学と関連します。

 

また、生物を対象とする物理化学は「生物物理化学」とも呼ばれており、こちらは生物系に進む際でも多く研究されている分野です。

 

有機化学は有機化合物、つまり動物や植物などの生物を構成する生体組織を扱う分野です。これは生物学と関連しています。

 

無機化学は有機化学では扱われない無機化合物が一般的に扱われます。基本的には有機化学とセットで学ぶ必要があります。

 

環境化学は大気圏や我々が住んでいる地上での化学物質などの反応を研究する分野です。こちらは農学などとも関連しています。

 

このように、基礎化学以外の応用的な化学においても、他の理系分野で重要な役割を担っているのです。

 

ただし、この中でも「応用化学」は化学分野でのより発展的な内容となります。工業的な応用についての研究が一般的であり、化学系の学科ではこちらが必修となる場合も多いです。

大学生が教養として化学を学ぶ意義とは?まとめ

化学と他科学については、切っても切れない関係であることがわかりました。
理系分野の学生には必ず学ぶべき分野です。そして、学べば学ぶほど自分の進みたい分野への理解も進みます。

 

最近は理系ひとつとっても様々な分野が混ざり合い、生物学なら生物学だけ、物理学なら物理学だけといったふうに授業を選ぶことは困難でしょう。

 

しかし、それも自分の学びたい分野のひとつなのであるという考えで授業を選べば、有意義に授業に取り組むことができます。