未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

憲法を学ぶ意義やメリットとは?憲法と法律の違いとは?

 

この記事では、大学生が憲法を学ぶ意義について解説します。

憲法とは?

憲法は国家の根幹となる基本方針を定めたものであり、全ての法律の基礎となるもので、国民の自由や権利を守るために国としてあるべき姿を書いた規範です。

全ての法律は憲法の基本理念を土台にして制定されており、憲法は最高法規と呼ばれるものです。

憲法を知ることは、全ての法律の根底に流れている基本的価値観を知ることでもあります。

 

したがって、憲法は実生活から離れたものではなく、むしろ非常に近いものであることがわかります。

個人の様々な生活の中で、意識の有無にかかわらず日常のあらゆる面に大きな影響を及ぼしているのです。

憲法と法律との違いは?

法律は、国民を規則で縛るという側面があります。
しかし同時に、規範をしっかり定めることによって公正で公平な社会を実現しようとするものです。

 

それは人々の自由を保障するためにも欠かせないものです。
一方で、憲法には通常の法律と違った側面があります。

 

それは「国家権力を制約する」という部分です。
国家のあるべき基本方針を定めることで、それに反するような権力の暴走を食い止めることに意義があります。

自由や平等が実現する社会とはどのようなものか考えることができる

本来は国民の幸せに貢献する目的の国家が、その強大な力で国民の権利を脅かすような事態になった時は、憲法がその歯止めの役割を果たします。
憲法の目的は、人々が自由に暮らせて、平等で公正な社会、そして平和な社会を実現することです。

大学生が憲法を学ぶ意義は、単に憲法に書かれてあることを覚えるということではありません。

憲法に定められた条文がなぜ社会や個人において重要なのか、自由や平等が実現する社会とはどのようなものかについて、深く思考を深めていくためにあります。

決められたことを守るところから始まって、そもそもその法規はなぜ必要なのか、この定めがあることによって社会にいかなる影響を及ぼしているのかについて深く考察していくことができます。

個人が持つ良識について改めて理解を深めるきっかけに

憲法の条文に書かれてあることを理解していく中で、個人が持つ良識について改めて理解を深めるきっかけにもなります。

自由や平等、人権の意味を改めて考えることで、各自の個性を認めていくことの大切さを学ぶことができます。

それは寛容な社会を実現するためにも欠かせないものであり、個人の幸せとは何かについても思考を深めていくことができるでしょう。

このことは、社会はいかにあるべきかについての課題を考えるきっかけにもなります。

広く社会問題についての視野を広げる

憲法は国の方針を定めたものである以上、憲法の理念をどのように深く人々に浸透していくかについて各自が考えることは、広く社会問題についての視野を広げていくものです。

それは単に法律に留まるのではなく、それぞれが違いを乗り越えて平和な社会を実現する原動力になっていきます。

多様な価値観を認める社会に必要なのは、根底として多様性に富んだ生き方を尊重するマインドです。

 

そのためには、個人の尊厳の価値を、単なる文章上の決まりごとではなく、人間にとって最も大切なものであるという共通認識が大切になります。

 

その認識が生まれれば、様々な違いによって起こるトラブルや差別も影を潜め、幸せな社会に向けて実現していく大きな力になるでしょう。

幸せを追い求めていく中で何が必要なのかを学ぶきっかけ

各自が幸せを追い求めていく中で何が必要なのかを学ぶきっかけとしても、憲法を学ぶことは大きな意味があります。

個人の幸せを追求することは、言う間でもなく他人の幸せを犠牲にすることではなく、お互いが同じ方向に向かって幸せを希求していくことです。

 

憲法の知識を得ることによって、幸せの真の意義について思索を深めることができます。

 

また、それを作るためには各自がお互いに支え合う社会の実現が必要不可欠になります。

人権の尊重は、お互いが大切さを理解し合う上で極めて重要であり、自分に与えられた人権は当然のことながら他人にも与えられ、お互いがその人権を守り抜いていくことで幸せな共同社会を実現していきます。

権利と責任は両輪であり、お互いが助け合う責任を通して個人の権利を守っていくことができます。

憲法を学ぶことによって、今まで漠然と考えていた権利意識や共同意識について、その本質を明らかにすることが可能です。

 

このことは、社会人になった後にも個人的生活はもちろんのこと、家族や共同体での自分のあり方について考えるきっかけにもなります。

憲法も含めて、法律は全て論理的思考に基づいて成立しています。

実生活においても論理的思考は重要で、それは仕事や様々な生活の側面においても活かせるものです。

直接法律と関係のないことでも、憲法や他の法律を学ぶことで、論理的思考が自然に身につき、様々な物事に対処する知恵の手助けになります。

憲法を通じて養われるリーガルマインドとは?

リーガルマインドとは、法律学の専門的な知識のことですが、もっと広い意味で的確に物事を判断していく価値判断能力のことでもあります。

 

憲法を学ぶ中で培ったリーガルマインドは、社会生活の様々な部分で活かしていくことが可能です。

 

憲法を学ぶことによって、人間が持つ基本的価値観の大切さを知り、個人や社会の幸せの追求を目指していくことができます。
また、法律の教養を身につけることによって養われた論理的思考は、日常の色々な面で役立っていくでしょう。