未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

ジェンダー論を学ぶ意義やメリットとは?ジェンダー論を学ぶ重要性を解説

 

ジェンダー論を聞いたことがあるでしょうか?

男女間には、性別の違いというものが明確にありますが、そのことによって文化的にも社会的にも「男性らしさ」「女性らしさ」という概念が作られてきた経緯があります。

この記事では、大学生がジェンダー論を教養として学ぶ意義を書いてみました!

大学生が教養として学びたいジェンダー論とは?

「男性はこうあるべき」「女性はこうあるべき」という文化的社会的強制によって、偏見や差別、個人の能力の制限など多くの問題を抱えてきました。

 

世界的にもそうであり、また日本の中でも、このような概念からの脱却を図り、男女間の垣根をなくしてより平等な社会の実現に向けていく取り組みがされています。

 

過去に比べれば 多くの部分で個人の自由や平等の尊重が定着してきましたが、広く世界を見渡せば、まだまだ過去の囚われから脱却できていない国や地域もあります。

 

また先進国においても、言うまでもなく全ての問題が解決したわけではありません。
解決に向かって進んでいる途中であると言えます。

 

このような、性別によって「こうあるべき」という概念のことがジェンダーの意味です。

大学生が教養としてジェンダー論を学ぶと、文化的社会問題を考えるきっかけに

大学生がジェンダー論を学ぶことによって、現在にも存在する性別の違いから生じる様々な文化的社会的問題について考えるきっかけにすることができます。

 

日常で漠然と感じていた男女間の違いによる社会的な制約や強制的な側面を、解決していくべき社会問題として考えていくことで、広くこの社会に対する認識とこれから向かっていくべき理想の社会について理解を深めていくことが可能になります。

 

まずは、過去の歴史においてジェンダーという概念がなぜ成立してきたかについて、その過程を知ることが必要になります。

特に女性の社会参加については、社会的に制約されてきた過去の歴史があります。

 

女性の人権がなぜ制約されてきたのかについて、ジェンダーの観点から考察していくことで、その問題の発生した経緯を明らかにすることができます。

 

そして、現代においても、法律上で平等が実現しているにもかかわらず、実際には男女の違いによって労働条件の違いが生じるなどの問題が発生しています。

 

日本においては、議員の数は圧倒的に男性が多く、女性がなりにくい状況があります。

女性の視点が反映されにくいことは、性別問題の解決にもつながりにくくなり、悪循環が続く可能性が指摘されています。

 

社会の様々な側面においてジェンダー問題は発生し、そのことによって個人の持つ能力が十分に発揮できない環境もあります。

 

このように、ジェンダー問題の現状がどのようになっているのかを知ることは重要です。

 

問題点を明らかにし、原因を追求し、その解決のためには何が必要なのかを考え、そこから得られた結論を実行していく中で、問題の解決に向かって進んでいくことができます。

 

大学生というまだ若く柔軟な思考がしやすい年齢の時にジェンダー問題を学ぶことで、偏見なく物事を純粋に捉えることができ、あるべき姿について純粋な形で考えることが可能です。

 

その経験が、社会に出た時に様々な形で出会うジェンダー問題を改善していく力になっていく可能性があります。

 

また、なぜジェンダー問題が解決しないのかについて、それを受け入れている人々の思考や環境条件についても理解を深めていくことができます。

 

偏見が生まれる思考についても考えることで、より理性的で客観的な視点を持つことが可能です。

 

そのような論理的な思考についてもジェンダー論を学ぶことによって身につけていくことができます。

 

そして、現代の社会が各自の違いを受け入れ合うことのできる社会に向かって進んでいくためには何が必要なのかについて、ジェンダー論をきっかけにさらに思考を広げることも可能です。

 

性別だけではなく、年齢、環境条件、社会条件、習慣条件などによって、違いを受け入れることを拒む状況もあります。

 

様々な問題に対する認識を深めていくきっかけとしても、ジェンダー論を学ぶことには意義があります。