未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生の保険の選び方とは?比較ポイントや選定の仕方

 

大学生が保険を学ぶ意味とはなに?楽しさとは?この記事では、大学生が保険を学ぶ意味や楽しさを解説します。

事故や行動の失敗に関して責任をどう取るか、の話をクリアしていく

小学校、中学校、高校と進学し、大学に入学すると、今までとはまったく違う自由な日々が待っています。場合によっては一人暮らしを始め、そうでなくても講義を自由に選択できるので、登下校の時間まで自由にチョイスできる状況です。

しかし、大人になるということはそれだけ責任を伴うことであり、普段はまったく意識していなくても、いざという時にその重さはのしかかってきます。

 

具体的には、スポーツや交通関係などの事故や行動の失敗に関して責任をどう取るか、の話をクリアしていかねばなりません。

十八歳未満の未成年であれば、判断力、責任能力が未熟ということで問題が回避されることもありますが、十八歳以上、あるいは二十歳になってしまうと、そう簡単にはいきません。最近はいわゆる「十八歳成人」制度のスタートなどもあり、大学生はよりシビアな状況に置かれているとも言えるでしょう。

自動車やバイク、自転車に関する保険はおさえておきたい

中でも早急に抑えておきたいのは、自動車やバイク、自転車に関する保険です。大学入学を祝して、乗り物をプレゼントされたり、免許を取ったりする人はとても多いですが、ただ贈り物や試験の合格に喜んでいるだけでなく、もしもの時に備えた保険について学び、時には加入するという事も非常に重要です。

 

といいますのも、もし火災保険や生命保険とは異なり、自動車などの乗り物関係の保険は、もし怪我が重くなったり高価なものを壊したりしてしまった時の、相手への賠償や、それに伴う生活の立て直しなどに必要になってくるものでもあります。

元々ないところからお金を支払っても、生涯を損害賠償の支払いに費やさないという意味でも、被害に遭われた人を助ける意味でも極めて大事になってくるものですから、ある意味個人的な事情を超えて、勉強する意味のある保険とも言えるのです。

掛け捨ての保険とは?

また、スポーツや旅行の時に当たり前のように入っておく、掛け捨ての保険に関しても、掛け金と支払い金の額の差から、おおよそのリスクや加入者数を推理することができるなど、保険に関する基本的な知識があれば、ガイドやスポーツのテキストには掲載されていない、極めて「本当」に近い数値をはかることも可能になってきます。

生命保険の内情や詳しい加入資格などを勉強すること

また、生命保険の内情や詳しい加入資格などを勉強していけば、人は何歳以上になると大病や死のリスクが高まるのか、あるいは同じ大病の中でも、どんな病気が厄介なのかといった部分を知ることができます。

また、あらかじめ入っていくことで、貯金がなかったりした場合でも、不測の事態に見舞われたからといって生活が破綻せず、その後の人生の立て直しが容易になってくるなどの効能についても理解をしていくことができます。

サービス内容を知ること

さらに、昨今の保険は様々なサービスが満載されており、中には、眺めているだけで利得が期待できてオイシく、あるいは楽しい気分になってしまうような保険があることも知ることができ、見ているだけでも飽きません。

「ホールインワン保険」のように、もの凄い快挙が「起こってしまった」時用の保険もあったりするなど、話のタネになるような面白さが満載されたものもあったりします。

 

ただ、一番有意義なのは、若々しく無理がきく年齢の時に、「もしも」があったらどうなってしまうのか、という精神的なリスクへの備えができることかも知れません。高額の支払いが保証されているということは、それだけ深刻な、後々にまで響くようなダメージということになります。

 

支払い額や条件など魅力的な保険は多いですが、結局のところ保険を貰うようなことにならないのが一番良いわけで、保険のことをしっかり勉強すれば、コンパや飲み会などウキウキするようなイベントが目白押しの中でも、少し慎重に気をつけてやっていこうと落ち着きを取り戻せるかも知れません。