未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

経営哲学とは?経営哲学を学ぶ意義やメリットを解説

 

経営哲学とは?大学生が経営哲学を学ぶ意味とはなに?楽しさとは?この記事では、大学生が経営哲学を学ぶ意義を解説します。

経営哲学とは?

経営哲学とは会社を経営していく上でどういう風に運営していくかを学習することができます。会社をた立ち上げ、お金となる商品を開発します。なんでも売れば良いというものではありません。

よい材料を仕入れ、加工をし、適正な価格、お客様が納得してくださる価格を決める必要があります。その次はその商品の存在を告知することです。集客や広告の出し方は現在インターネットが普及しているため多種多様の宣伝方法が登場してきました。

その中から商品に合わしてぴったりの宣伝方法を見つける必要があります。広告もただ書けばいいというものではありません。

お客様がくらい付くようなキャッチコピーやセールス文言を用意する必要があります。そして商品が売れて利益が出てきた時、その利益をどうやって分配するかというのも経営の大切な部分となってきます。

次の新しい商品の開発費用として会社存続の為に使うという新たなテーマが発生してきます。商品が売れ、会社が大きくなれば人を雇う必要がでてきます。

能力と需要がマッチングした雇用、適切な給与、人材育成。こういう経営をしていく上でふりかかってくる様々な問題を解決してくれるのが経営哲学です。

経営哲学を勉強中の大学生の方は、書籍を読むたびに経済の発展の仕方、会社の正しい運営方法が見えてくる、と言っていました。経営とは儲ける為に行うのではなく、人類が幸福になる為にどこまで貢献できるかということが問われてきます。

 

誰もがお金をたくさん儲けたいという望みがあるのは当然のことですが、お金というのは社会から入ってくるものです。たくさん儲けたいのであれば、社会から高い評価を受ける必要があります。

従業員としての働き方、企業の存在の意味等が見える

大学を卒業して一足飛びに経営者になることはあり得ませんが、身につけておけば必ず役に立つ時がくると思います。経営哲学を学ぶことによって、社員としてどうあるべきか?従業員としての働き方、企業の存在の意味等が見えてくると思います。そうなると他の従業員とは一味違う仕事振りになるのではないでしょうか?

 

 会社を立ち上げるのは簡単ですが、利益をあげ存続するのはとても難しいです。

経営哲学の知識があるとないでは雲泥の差がでてきます。

おすすめの経営哲学の書籍は?

おすすめの経営哲学の書籍はパナソニックの創設者 松下幸之助が書いた経営心得帖という本です。

この本は経営の神様と呼ばれた松下幸之助自信の手で書かれたもので、1代で世界に名をはせる家電製品を作り上げた人の経営ノウハウが書かれています。

「経営心得帖」の他に「商売心得帖」「社員心得帖」「人生心得帖」とシリーズになっています。大学へ行かなくても本気で勉強したいという気持ちがあれば経営哲学はだれでも学ぶことができます。

現に松下幸之助さんは中学しかでておらず、自分で頭をぶつけながら実践で自分の会社を世界に知らしめました。

そして自分で実践してその哲学を確立しました。経営哲学の書籍は図書館へいけばいくらでもあります。「情報を入手し、実践する」これが経営哲学を身につけるコツとなります。

 

 様々な経営哲学の本を読んだ方は、どの哲学にも共通しているのが「人を喜ばせること」という点だと言います。「どうすればお客様が喜ぶ商品を作れるか?」「お客様が喜ぶ価格」「従業員が喜ぶ給料」「どうすれば従業員が働きやすくなるか?」という風に経営は絶対相手軸で考えないとうまくいかないということに気がつきました。

生まれつき商才というものを持たれている方もいらっしゃいますが、ほとんどの人がそうではありません。自分のお商売をうまく生かしたいならばまず経営をしっかり学ぶ必要があります。そういう点で若い人達が経営哲学を学ぶというのは発展への近道となるので大いに活用するべきだと思います。