未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

世界史を学ぶ意義とは?教養として学ぶメリットを解説

 

大学生が社会で活躍する前に世界史を学ぶことは、どのような意義があるのでしょうか?ここでは3つ考えてみます。

 

世界史を学ぶ意義とは?過去の人々から恩恵を受けてきたことを学べる

 

1つ目は、現代の社会があるのは過去の人々の恩恵であることを世界史から学ぶことができるということ。

 

どんな時代も人々はよりよい社会を求めて奮闘し、タスキを繋いできました。平和で自由な現代は過去の人々がそれぞれの時代で戦ってきたお陰です。

 

 

そして、私たちも現代だからこそできることを実践し

次の時代へと繋げていく大切な役割を担っていることに気づかせてくれます。

 

世界史を学ぶ意義とは?歴史での成功例や失敗例を学べる

2つ目は、世界史は成功例や失敗例を教えてくれる良い学びだということです。

 

歴史は、常に人の手によって動かされ、成功や失敗が繰り返されています。

 

そのどちらも、私たちにとっては大きな教訓であり、生かすことができる学びとなります。

 

なぜ成功したのか、なぜ失敗したのか。

 

 

過去の人々が示してくれたそれらの例は、今後社会で活躍する上で、役立つ知恵になると言えます。

 

世界史を学ぶ意義とは?視点により見方が異なることを学べる

3つ目は、観る視座によって世界史は全く違うものになるという学びが得られることです。

 

人は固定観念や思い込みから抜け出すのが難しいもの。特に年齢が若いほど、物事をひとつの観点でのみで捉えてしまいがちです。

 

しかし、世界史を学ぶことは様々な視座があることを教えてくれます。

 

例えば上流階級から観た記録なのか、下流層から観た記録なのかで観え方は大きく異なります。

 

 

歴史には正解はなく、誰の視点かによってたくさんの歴史があり、伝えられた歴史は誰かの色眼鏡を通している可能性があるのです。

 

 

この学びは、より柔軟に社会を捉えるために大切なことと考えられます。

世界史を学ぶ意義とは?教養として学ぶメリットを解説まとめ

 

以上のように、重要な意義があると言えます。

 

www.xn--o9jm3a4v7e7d398un62bgpa916i.site