未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生がバイトでドラッグストアでアルバイトをするとは?経験できることや成長できる点は?

 

大学生がバイトでドラッグストアで働くとは?経験できることや成長できる点は?

この記事では、大学生がドラッグストアでアルバイトとして働く場合について、業務内容や成長できる点をまとめました。参考にして下さい。

ドラッグストアのアルバイトの業務内容とは?

基本的な業務は、商品補充とレジ対応になります。業務内容自体は、パートでもアルバイトでも変わりません。

最近のドラッグストアは、その形態もかなり豊富で、コンビニのような狭小規模から、スーパーに匹敵するほどの大規模なものもあります。

 

取り扱っている商品も、医薬品や健康食品はもちろんですが、化粧品や日用品、店舗によっては生鮮・日配食品や冷凍食品まで実に多様です。

 

特に医薬品を扱うには、販売するために資格者を置くなど条件をクリアしないといけませんので、どこでも作れる環境ではありません。

この特殊な環境が、差別化となり、先の就職活動や就職後にいろいろと役立ってきます。

ドラッグストア特有の接客とは?

ドラッグストアとは、基本的に体調が悪い人、何かしらの悩みを抱えてくる人が来る場所です。ですので、「相手への配慮」が非常に重要になります。

例えば、頭が痛くて来店している人に大きな声で挨拶をしたらどうでしょう。

デリケートな商品の問い合わせや場所を聞かれた時に大きな声で聞き返したり、案内したらどうでしょう。

 

ドラッグストアでは、こういった場面が多くあります。ここでの対応を間違えると、クレームにつながることも珍しくありません。

なので、瞬発的に相手の状況を理解し、どう対応するのが判断しなければならないのです。

 

これは、経験によって培われていくものであり、ドラッグストアという特殊な環境ならではのものと言えるでしょう。

この経験は、ドラッグストアのみならず、どの職業でも相手あってのことですから、就職後にも役立つことは間違いありません。

ドラッグストアで得られる資格

ドラッグストアは医薬品を取り扱っていますが、医薬品を販売するには管理資格者がいることが必須条件なのです。

管理資格者がいなければ、営業はできません。この管理資格者というのは、薬剤師だけのことではなく、管理登録販売者も含めます。

多くの人が取得できるチャンスがあるのが、登録販売者です。登録販売者の試験は、年齢制限や実務経験の制限がなく誰でも受験することができます。

ただ、合格した場合でも、登録販売者として働くには、2年間の実務経験が必要となります。

 

 

この2年間はアルバイトで働いた期間も含まれるので、ドラッグストアで2年間働いて資格を有している人は、その後登録販売者として従事することが可能なのです。

最近では、スーパーやホームセンター、コンビニなどの一角に医薬品のコーナーを設けているお店も珍しくありません。

こういった医薬品コーナーにも資格者の配置は必須なので、ドラッグストア以外の小売業に就職する場合も有利な資格となります。

 

もちろん、ドラッグストアに就職するのであれば、即戦力にもなるのでとても有利です。

 

また、製薬会社などの営業にも非常に有効です。サンプリングなどを行う場合も、医薬品であれば資格者が配布をする必要があります。

 

ドラッグストアの従業員が対応できない場合は、製薬会社の営業が対応できれば、差別化にもつながるので、この資格は役に立つことでしょう。

広がる知識

医薬品は生活と密接な関係にあるため、自分自身の生活にも役立つ幾何が多くあります。

また、ドラッグストアで取り扱ってる商品は非常に多く、医薬品以外に様々なジャンルの商品について知識を広げることができます。

女性であれば、化粧品にも詳しくなることができます。商品の勉強会なども行われている企業では、さらに細かい知識を身につけることができますので、
就職で美容販売員や化粧品メーカーを検討している人にもオススメです。

 

もちろん、食品や雑貨もありますから、ドラッグストア以外の小売業に就職する人も、経験や知識は就職後に役に立つことでしょう。

高齢化社会だからこそのメリット

セルフメディケーションという言葉を聞いたことがありますか?
平均寿命が長くなり、生活習慣病などが問題になってきた現代、日常をいかに健康に過ごすかが問われてきています。

セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義されています。

2017年1月からは、ちょっとした身体の不調などでOTC医薬品を使用した際、特定の成分を含むOTC医薬品を1年間に12000円以上購入し、その年に健康診断などを受けていれば、税金が還付・減額されるセルフメディケーション税制も導入されるなど、国も取り組みを始めました。

このように、日々の健康は今、非常に注目、その対策が重視されており、それに伴い、ドラッグストアの需要も高まりつつあるのです。

 

健康と密接に関わりを持った職場環境で働くことは、これからの社会において役立つ知識や資格も多く、その経験を大学生時代に培い社会に羽ばたくことは非常に有効といえます。

大学生がバイトでドラッグストアでアルバイトをするとは?まとめ

ドラッグストアのアルバイト先を選ぶ際には、実際に足を運んでみて、丁寧な接客対応をしているところ、身だしなみがちゃんとしている企業を選んでみるといいでしょう。
その方が、就職をする際に役立つ経験や知識、社会人としての教養などが身につきやすいと思います。