未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生が学費をバイトで出すことは現実的?

 

大学生が学費をバイトで出すことは現実的?

近年、大学の学費を自分でまかなっている、という人が多くなっています。

バイトや、奨学金を借りて生活費や、学費を自分で稼ぐ、というのは、現実的な話なのでしょうか。

大学の学費はどのくらいかかる?

大学の学費はどのくらいかかるかをご紹介します。

 

単純計算で、国立大学の学費は四年間で約240万円私立大学文系の学費は四年間で約420万円私立大学理系の学費は四年間で約580万円となります。

このほかにも、歯学部、医学部などはもっとお金がかかってきます。また、一人暮らしの場合だと、学費以外にも、生活費もかかります。家賃や光熱費によっても変わってきます。

学費は大体の学校が、半期ごとに学費を納める方法をとっています。

私立文系の場合、一年間では約100万円ほどが必要です。

その半分ですから、半年で50万円を納めなければなりません。

半年で約50万円ですから、ひと月に10万円ほどを稼がないと、学費を納められません。学費だけでなく、生活費を稼ぐ場合はもっとお金が必要です。実家から通う場合は、家賃や光熱費はかかりませんが、一人暮らしでそれらすべてをまかなおうとすると、バイトだけではやりくりできません。

奨学金制度の活用とは?

ここで利用したいのが奨学金制度です。奨学金には、利子のつかない第一種、利子のつく第二種があります。第一種は、成績優秀かつ、一定の所得程度であれば、借りることができます。低所得者は、成績が基準を満たさなくても借りられる場合があります。

第一種は、国立大学の場合、自宅:4万5000円自宅外:5万1000円私立大学の場合、自宅:5万4000円自宅外:6万4000円と、定められています。

第二種は利子がつきますが、3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択することができます。また、毎年の学費は半年ごとに納めなければなりませんが、学校によっては、分割や延期ができる場合もあります。

 

その相談は、学生生活課や、経理課に相談するとよいでしょう。分割や延期の期間は学校によっても様々ですから、支払いの期間より前に相談しておきましょう。

自分のアルバイトだけで学費を賄うことは可能

結果として、自分のアルバイトだけで学費を賄うことは可能です。しかし、毎月バイトのシフトをたくさんいれて、なおかつ奨学金も借りなければやりくりはできません。毎月10万円以上を見込んだほうがいいでしょう。

 

また、生活費がかかる場合は、学費だけを賄うよりもお金が必要です。奨学金と合わせて、15万円以上と見込んだほうがよいでしょう。

学生が学費を負担することについてですが、すべてを自分で負担するのは、不可能ではありません。一部だけでも家族に頼れるのなら、一番いいです。

 

学費の半額だけでも自分で払う、一部だけは家族に負担してもらって、今後返していく、など、家族間での話し合いは不可欠です。

家庭ごとで経済事情は違ってきますから、その家庭にあった、無理のない学費の負担をしてください。学費を納めるときに考えたいのは、毎年の学費だけではありません。入学金についても考えなくてはいけません。

 

奨学金を借りる場合に注意したいのが、奨学金で入学金は支払えない、という点です。日本学生支援機構の「入学時特別増額貸与奨学金」は、名前だけだと入学金に充てられそうな名前ですが、実際に振り込まれるのは5月ということに注意してください。

 

入学金を払わないことは、辞退とみなされ、合格内定が取り消しになってしまいます。入学金は、学校によって変わってきますが、支払いの延期や分割ができる場合もあります。要項に書いていなかったとしても、切羽詰まっている状態であれば、学校に直接連絡をしてください。

入学金の準備は早めに

入学金を借りる場合、なるだけ早く準備をしなくてはなりません。銀行の教育ローン、国の教育ローン、どちらもお金が準備されるまでに時間がかかります。

また、国の教育ローンは最大で350万円借りることができますが、その審査が厳しいことで有名です。これをあてにして入学金を支払おうとしている人も、審査に落ちる可能性があるので注意してください。

学校独自の奨学金というものもあります。その学校によって、あるかどうかも違ってきますが、入学金にも使える可能性があります。

 

また、高校時代の成績がよければ、特待生制度などによって、入学金や、授業料が免除になる場合もあります。学業の成績だけでなく、スポーツなどの成績次第でも免除を受けられる可能性があります。

 

自分の進路通りの大学に行くことが一番ですが、特待生制度や、スポーツ推薦などで大学に入学し、入学金や授業料を免除してもらうこともできます。

入学後の生活についでですが、アルバイトに気をとられて勉学に励まないと、奨学金を貰えなくなる可能性があります。奨学金は、留年すると受けられなくなります。学費や生活費を稼ぐためには、バイトを正社員並みにしなければならないかと思います。

 

しかし、バイトばかりして勉強ができず、留年してしまえば、奨学金が借りられなくなります。自分で学費を稼ぐ場合、奨学金が借りられないのは致命的です。バイトをたくさんいれたとしても、勉強の時間だけは確保しましょう。

バイトばかりで、友人関係がおろそかになってしまうのも避けたい

バイトばかりで、友人関係がおろそかになってしまうのも避けたいです。大学の講義や、講座など、学生同士の助け合いは必要不可欠です。難しいとは思いますが、バイトだけでなく、友人関係、勉強の時間もしっかり確保できるようにしましょう。学費を自分でまかなうことは、結論としては可能です。

 

ですが、たくさんの努力と苦労を経験しなければなりません。そのためにも、必ず四年間で卒業することを目標にしてください。