未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

ビラ配りのバイトのコツやポイントとは?経験としてビラ配りしておくメリットとは?

 

ビラ配りのバイトを頑張ろうとする大学生が成長するためには?今回は、ビラ配りバイトをしていた方から、記事を寄稿していただきました!参考にして下さい。

ビラ配りとは?たかがビラ配り、されどビラ配り

大学生の時に、当時働いていた居酒屋のビラ配りをしました。ビラ配りの必要性は通行人にそのビラを受け取ってもらって、そのビラを読んでもらう広告という点です。

たかがビラ配り、されどビラ配りで、このアルバイトでは頑張れば頑張るほど高いコミュニケーションスキルが身につきます。

なぜコミュニケーションスキルが身につくのか?ビラ配りのコツとは?

毎回考え、反省し、研究しながら配っていました。私が当時工夫していたことを2つ挙げたいと思います。

大きな声で呼びかける

1つ目は、大きな声で呼びかけることです。無視されても無視されてもとにかく大きな声で呼びかけ続けました。

道で大きな声が聞こえると、通行人の多くは振り返ってくれます。

振り返ってくれた時がチャンスです。

なぜなら、その時点で通行人はその声、そして自分に興味を示してくれているからです。このチャンスを逃してはいけません。

視線が合った人に向かって、そのビラの特長を言うのです。すると、自分に話しかけられていることが分かった通行人はビラを受け取ってくれる人が多かったです。

笑顔が大切

2つ目に大切にしていたことは笑顔です。笑顔で通行人の目を見て渡すことです。笑顔で歩み寄って来る人を嫌がる人は少ないです。そしてその通行人と目を合わせて、時には顔を覗き込んで、自分が相手に何かを訴えたいことを示します。

こちらが何か意思表示をして行動すると、相手も何かしらのリアクションをしてくれます。

その相手の一瞬の表情や行動を読み取って、自分の対応を変えることが重要です。あまりしつこくすると怒られてしまうこともあるので、それは要注意です。

 

相手の表情や間合いを読むことができるとビラ配りも上級者です。これを熟考するとコミュニケーション能力も必然的に高まってきます。

辛いのは受け取ってもらえず無視されること

1番私自身も辛かった点と、これからビラ配りのアルバイトをされる方も通るであろう辛い道として挙げらるのが、受け取ってもらえないことが続き無視されることが続くと、精神的に落ち込んでしまうことです。

やはり無視されるのは人間として辛いですし、自分がその場所に存在しているのか疑問に思ってしまうこともあるほどです。

 

でも、そこでの自分自身の気持ちの切り替えが重要だと私は思います。

私の場合は、自分が持っているビラに自信をもつことで勇気づけられました。自分が配っているビラに載っている居酒屋は素晴らしい店なんだ、一度でも足を運んでもらえればきっと気に入ってもらえる、と思いながらビラを配っていました。

 

自分が配っているものに自信がないと、それが相手にも伝わってしまい、そのビラには興味をもってもらえなくなります。とにかく、自分が配っているビラ、ひいては自分の行動に自信を持って、アルバイトをすることが重要だと私は考えます。

 

上記で私が実践したビラ配りでは、他のアルバイトの方よりも多くの通行人がビラを受け取ってくれ、そのまま店まで入って来てくれました。そしてその方が常連のお客様になってくださったこともありました。

 

そのような光景を目にすると、ビラ配りを頑張って良かったなと思いました。そして、誰よりもお客様に愛されるアルバイト店員になり、楽しいアルバイト時間を過ごせました。

ビラ配りのバイトのコツやポイントとは?経験としてビラ配りしておくメリットとは?まとめ

もし、これからビラ配りのアルバイトを考えている方がいらっしゃましたら、ぜひ実践してみてください。