未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

バイトの選び方とは?大学生が注意したいバイトの選び方

 

この記事では、大学生のバイトの選び方について解説します。

大学生のバイト選びのコツとは1 シフトの融通性

大学生のバイト選びのポイントとして、憧れのお店で働いてみたいなどどこで働くかを決める前に押さえておきたいことがあります。

1つ目は「シフトの融通度が高いかどうか」です。

学生なのでテストがあります。
しかし中学高校とは違い大学のテストは科目も多く、テスト期間として1週間以上設けている場合が多いです。

特に大学1年生や2年生は必修科目が多かったり、教育系の学科だと卒業と同時に免許を取得するには所定の科目の単位を取得する必要があるので試験期間に勉強に集中して試験を受けられる環境であるかは重要です。

 

そこで、試験期間中にバイトを休むことが出来るかは大学生のバイト選びに必要であり、大学3年生となると就職活動が始まるので急に入る就職試験でシフトの予定が変更になっても対応してもらえるかどうかも大学生のバイト選びに必要なポイントと言えます。

 

シフトの組み方は店舗によって異なりますが、規模の小さいお店だと人数も少ないので誰か一人でも休むと残りの人数も少なくなり一人当たりの負担が大きくなります。
規模の小さいお店だと試験期間に休みをもらったり就職活動でシフトをセーブしたりと調整が難しく、体調不良で休むことも難しい傾向があります。

 

一方、規模の大きいお店は人数が多く配置されているので、誰か一人休んでも残りの人で回せる余裕があるため、一人当たりの負担が少なく、試験期間中に休みを貰ったり、就職活動でシフトを調整することに柔軟に対応してもらいやすいです。

大学生は試験期間も長く、数年後には就職活動でシフトになかなか入れないことも発生するのでシフトを融通してもらいやすい大規模なお店をバイト先として選ぶのがおススメです。

バイトを選ぶ基準2 バイトへの通いやすさ

2つ目は「バイトへの通いやすさ」です。

大学生のバイト選びとして繁華街や駅前などお店が集中しているところを選びがちになりますが、自宅から通いやすいかどうかは押さえておきたいことです。

大学から近いバイト先だと学校に行っている時は通いやすいですが、夏休みや冬休み、春休みなど長期休暇の場合は自宅から大学が遠い場合はバイト先まで行くのが億劫になってしまいます。

大学生だと夏休みや春休みは中学高校と比較して長いので長期休暇中でも通いやすいことで自宅から近いバイト先を選んだ方が学校が無い日にバイトに行くことを想定した時に通うことの負担を減らせます。

バイトの選び方の基準3 稼ぎやすいかどうか

3つ目は「稼ぎやすいかどうか」です。
高校生のバイトだと夜22時以降は働くことが出来ませんが、大学生だと22時以降も働けるようになります。

22時以降だと深夜賃金が適用になるので通常の自給よりも25%アップとなり、22時以降も働くことが出来るところの方が稼ぎやすいです。

大学生は夕方までは授業があるので、シフトに入れるのは夕方以降となるので、居酒屋、深夜営業もしているレストラン、コンビニといった22時以降も営業している店舗の方が大学生が働ける営業時間が長くなるため、バイト代を学費の足しにしたいと考えている方や実家を出て一人暮らしをする大学生は深夜賃金が適用される夜22時以降も働けるお店を選ぶと稼ぎが良いです。

バイトの選び方4 就職活動に活かせるかどうか

4つ目は「就職活動に活かせるかどうか」です。
大学生は学生なのであくまでも学業優先となりますが、就職活動にアルバイトが間接的に役立つケースがあります。

例えば「新聞配達」「IT企業」「コールセンター」といった就職して社会人になってからも役立つスキルを身に付けられるバイト先もあります。

新聞配達は毎日早朝と夕方に配達をし、朝刊は深夜3時ころ、夕刊は15時ころからと大学生にはハードなスケジュールです。

ですが、就職活動において厳しい環境においても学業とバイトを両立し忍耐力を身に付けることができたとアピールできます。

新聞配達がハードな仕事なのは誰もが知っているので学生時代にそういった仕事を続けていたことはうちに入っても長く働いてくれるだろうと好印象につながる可能性もあります。

IT企業は大学生向けに募集をかけているところも増えていて、卒業後にそのまま正社員として採用してもらえるチャンスもあります。

IT企業ではPCスキルを身に付けることができます。
大学の授業でもPCを使って授業を受けたり、レポート作成や資料作りでPCを使うことがありますが、ビジネスで役立つスキルと言うところまで教えてもらえるかと言うとそこまでは期待できません。

IT企業のバイトだと学校では教わらないようなPCスキルを習得でき、IT業界以外でもPCを使う機会は多いので社会人になってすぐに仕事に役立つスキルとして活かすことができます。

コールセンターは正しい言葉づかいや臨機応変な対応を身に付けることができます。
仕事で電話を使う機会はとても多く、むしろ電話を使わない仕事を探す方が大変です。
電話は仕事をする上で切っても切れない関係です。

コールセンタースタッフとして顔が見えない電話での対応で的確に指示を与えて、相手に納得してもらうことが必要です。
友達と電話で話しているのとは全く違うので言葉遣いにも気をつける必要があるので、ビジネスにおいての言葉遣いのスキル向上にもつながり、社会人になってからの電話応対もスムーズにでき、面接においてもコールセンターのバイトで言葉遣いに気を付けながら的確に対応できるスキルを身に付けたとアピールできます。

バイトの選び方とは?大学生が注意したいバイトの選び方 まとめ

よって、大学生のバイトの選び方として幅広い選択肢があることが分かります。

自分がどのような目的を持ってバイトをするのかは人それぞれですが、多くの方は「シフトの融通が効いて休みが取りやすいかどうか」「通いやすいかどうか」「稼げるかどうか」「就職活動で役立つか」を決めるポイントとしています。

大学生がバイトを選ぶポイントとして最も重要なのが大学生のことを理解してもらえる職場であることです。

 

接客業のバイトで大学生が成長するためには?

大学生がホテルのアルバイトで成長するポイントとは?

飲食業のバイトで大学生が成長するためには?

大学生が塾講師のアルバイトを通じて成長するためには?

大学生のバイトの平均とは?平均時間、平均月収などを解説

大学生のバイトの税金とは?バイトしすぎると税金がかかる場合とは?

大学生のアルバイトの履歴書とは?履歴書の書き方や注意点を解説

 

大学生のバイト事情とは?バイトしないのはまずい?バイトをしない理由他、バイト事情を解説

 大学生の一人暮らしのアルバイトとは?