未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

営業のバイトのメリットとは?営業バイトで身につくスキルや成長秘訣を解説!

 

ここ数年、企業の規模にかかわらず人材不足に悩んでいます。

 


その中でも、特に営業社員は集まりにくく派遣社員やアルバイトで人員を補填している企業が増加しています。

 


専門性の高い話や大きな商談の話に繋がれば正社員に引き継ぎ、顔つなぎやルートセールスは派遣社員やアルバイトに任せる時代がすぐそこまで来ているのかもしれません。

 


企業で役員として面接に携わっておりますがここ数年は特にそう感じるようになりました。

 

営業バイトは実は大学生にお勧め


求人誌を見ると多くのアルバイト求人が掲載されています。時給やシフトの自由度、やりたいことなど応募の動機は様々でしょう。


勿論その選択肢は間違っていません。


ただ、大学生はいずれ就職活動をして社会に出ていきます。求人倍率が高く売り手市場と言われていますが企業も人材をしっかり見定めて合否の判断を下します。


売り手市場と言われていますが、実は自分の希望の職に就ける人はごく僅かなのです。


就職活動では企業側がまず、履歴書であなたの経歴を確認します。学歴は低いより高い方が良いのは言うまでもありません。資格も無いよりある方が有利です。


その後、面接に移るのですがはっきり言って社会経験の無い学生はどんぐりの背比べです。ネットや本の知識でかっこいいコメントを返してくれるのですが社会経験の長い担当者の求める回答には程遠く、言葉を選ばずに表現すれば『みんな同じ』なのです。

 

ここで、他人と差をつけることが出来ればおそらく就職活動は有利に進むでしょう。

 

その為にも、営業のアルバイトを強くお勧めします。


お客様はあなたの事をアルバイトではなく、営業担当として厳しい言葉や厳しい注文を投げかけてきます。これが本当の社会の厳しさです。

 

そして社内でも正社員の営業マンと密に報連相を回して社会のルールを学ぶ事となるでしょう。他のあるアルバイトと比較して時給は高いのですが正直、責任も重く大変な仕事です。


その分、お金以外に社会経験という武器を学ぶ事が出来るので就職活動を有利に展開することが出来るでしょう。自分への投資と考えて大学生のうちに営業のアルバイトを経験することを強くお勧めします。

 

営業のバイトを通じて学べること


1)社会のルール
学生と違って社会には様々なルールが存在します。社会に接する事の少ない学生時代にこれを学ぶのは不可能です。

よく、学生気分が抜けていないという言葉を耳にしますがこれは社会のルールが理解できていないと言い換えることが出来るでしょう。そんな厳しい社会のルールを学生時代に学ぶ事が出来るのが営業のアルバイトです。

 

2)挨拶の大切さ
今の若い方は挨拶が出来ない人が非常に増えています。みなさん、朝起きて家族の人に挨拶をしましたか?


社会人において挨拶は非常に大切なお仕事なのです。お客様先へ訪問した時、大きな声で挨拶するだけで印象が変わります。

 

担当者にだけではなく、入口で応対してくれる事務職員の方にもきちんと挨拶をします。

初めは緊張してぎこちないかもしれませんが慣れてくると自然な挨拶が出来るようになると思います。就職活動の時にも挨拶が出来ると言う事は相手企業に好印象を与えます。

 

営業のバイトでは報連相も学べる


報連相という言葉は学生には聞きなれない言葉かもしれません。報は報告、連は連絡、相は相談を表します。

 

社会に出るとお客様から依頼のあった仕事を熟してその対価としてお金(お給料)を得るのですがどんな仕事も一人で完結できません。

 

簡単に説明すると仕事を受ける営業が居て、物を作る製造が居て、お金を請求する総務がいます。一つの仕事に対してそれぞれ部署別に担当者が存在するのです。

 

仕事の注意事項や進捗状態の情報を関わる人全員が把握してその担当者全員が確実に迅速に仕事を完結させるには報告、連絡、相談というコミニュケーションが非常に大事です。

 

営業のアルバイトでは学生のうちにこれを学ぶ事が出来ます。

 

営業のバイトでは達成感と充実感を得られる


アルバイトをしている方の大半が達成感や充実感よりお金を稼ぐことが第一でしょう。私も学生の頃はそうでした。

 

アルバイト中には早く時間が経つことばかり気にしてよく時計を見ていた事を覚えています。しかし、社会にでるとそこには競争社会が待っています。

 

入社時に同じスタートラインだった同期の人が5年、10年と時が流れるにつれてどんどん出世していきます。

 

出世する人は仕事に足して達成感、充実感を得て、自分を磨き、いわゆる仕事のできる人に成長していくのです。

 

与えられたミッションを苦労して成功させた時の喜びを学生のうちに経験することで社会に出て仕事に対する向き合い方が変わります。

 

同機には出来ない仕事に対する向き合い方が出来、仕事の苦労から逃げずに立ち向かっていく精神も身に付くのです。

 

入社してすぐに退社する若者を多く見てきましたが、仕事の達成感や充実感を味わう事が出来ないのが最大の理由だと感じています。夢をみて入社した会社で本当の喜びを知る前にドロップアウトするのは非常にもったいない話です。

 

5)全ては将来の自分への投資
ただ、学生時代に遊ぶお金が欲しい人は営業のアルバイトという大変な仕事を選ぶ必要はないと思います。

 

楽しんで学生時代を謳歌するのも良いでしょう。もし、社会に出て、地位と名誉、資産を獲得し、人生を謳歌してやろう、欲しい物のために一花咲かせようなど野心を持った人がいるなら営業のアルバイトを強くお勧めします。

 


厳しい社会のルールを学生のうちに身に付けておけば社会に出てから一気に同期を引き離し、『あの新人は良くできる』と言われるようになるでしょう。

 

得られるバイト代に目がいきがちですが、お金で買えない経験に目を向けて自分へ投資すると言う考えも必要です。

 

 

まだまだ長い人生です。
今が良ければという考えを否定する気はありませんが、先に社会に出た先輩として助言す出来るならば、学生の時代から少しずつ社会の厳しさを学び、そこから自分へ投資することが社会に出て競争に勝つ秘訣だと思います。

 


人生は常に勝負です。勝ち続ける人は他人が選ばない苦労を買って出てる事を頭に入れておいてください。