未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生がバイトをする意味とは?

 

バイトは、高校生や大学生になれば、自然としたくなるものですよね。筆者もそうでした。
そんな中、生活に余裕があったり、実家暮らしでお金に困っていない人はそもそもアルバイトの必要がなく、時間の無駄なのではないか、と考える人もいることと思います。
逆に奨学金を貰っていたり、実家が余り裕福でなかったりするとバイトをしたいと言う気持ちになりますよね。

今回はそんな大学生のバイト事象を筆者のコメントありで考えてみました。

バイト反対派はなぜ意味がないと考える?

「もっと別のことで時間を有効活用すべき」

しかし、バイトをする事を親などに反対される事も多いです。この場合、大体勉学との両立ができないから…と言われる事が多いです。

それから、学生には学生時代にしか出来ない事があるのだから、わざわざバイトなんかしなくても良いと言う意見もあります。

この学生時代にしか出来ない事とはなんでしょうか?
筆者は「青春」くらいしか思いつかないのですが…(違うかな?)

学生は社会人に比べれば時間はある方だと思います。その余っている時間の中でバイトなり、ワーホリや留学といった活動も出来ます。

個人的にワーホリや留学というのはお金が掛かるし少し特別なものとして感じてしまいますが、バイトはこれらに比べるとまだ始めるのは簡単です。
また、ワーホリや留学に掛かるお金を稼ぐという意味でも効果的でしょう。

バイト賛成派のバイトをする意味とは?

「バイトも立派な社会活動の一つ」

バイトで一番に思い浮かべるのは、コンビニなどの店員です。今では寧ろ少ない方が珍しいぐらい、あちこちに建ってますし、筆者はバイトといえば、コンビニ、という図を浮かべます。

そんなコンビニでもバイトではなく、正社員として働いている人もいらっしゃいますし、立派な仕事ですよね。そして、覚える仕事は沢山ありますが、それは社会人として働いている人の職場でも一緒。いきなり社会人から働くより、一度バイトとしてお金を稼いでみて社会勉強をする意味はあると思います。

働き出すとお金のことはあなたの力量に直結しますし、戸惑って仕事の進み具合が遅くなるよりは、ある程度雰囲気などを知ってから働く方が断然良いと思います。

ただ、身の丈に合う仕事、合わない仕事というものがありますので、例えば余り体力がないのに、力仕事(運搬業や深夜の交通整理など)は合わないですよね。
これらの仕事は時給は高いですが、あまりスキルなどはつきませんので、おススメしません。
それから人見知りなのに、接客業を選ぶなども余り合ってませんよね。勿論、性格を直したい!と言う気持ちを持っている人も居ると多いと思いますが、バイトは給料を貰ってする仕事です。それだけの気概が必要です。

しかし、どの店でも接客マニュアルなどはありますので、そこまで気負わなくても良いと思います。

バイトは面接で有利になる?

面接などでバイトをしていると言うと有利になるそうです。
実際大学四年生の約9割はバイトを経験しています。

バイトをして得られるのはお金だけではありません。例えば人間関係や上下関係も分かりますよね。学生ノリなどではバイトは務まりません。

バイト敬語では余り意味がありませんが、もしそれを注意してくれる人間がいればそれもまた勉強になります。

最近の大学生などは敬語を変に意識して使っている場合もありますので、一度どんなものか調べられると良いと思います。

例「上司がおっしゃるには」→「上司が言うには」
「お待たせ、いたしております」→「お待たせしております」「お待たせしました」

 

この事から大学生にとってバイトは、とても身近な事だと言えます。

例えば、アルバイトをしていなかったあなたは、面接で必ずこんなことを聞かれます。


「どうしてアルバイトをしていなかったのですか?生活費は両親からの仕送りですか?」

何故このような質問をするかと言うと、「大学生なんだから、バイトくらいしていて当然」という気持ちが面接官の中にあるからです。

企業としましても、少しでもお金を稼ぐ大変さや社会こ中で生きる事のルールなどをバイトで経験している事は採用する側にとっても重要な事ですよね。
その可能性が高いバイト経験者は面接に受かりやすいと言えます。


大学生のバイトの意味とは?まとめ

筆者自身はバイトを経験しておらず、また人間関係も希薄だったことも含めて、やっぱりバイトを経験していれば…と悔やみました。勿論、バイトを経験していても、実際正社員として働いて、面食らうこともあると思いますが、それならそれでそういうものなのだと理解出来ると思います。

また大学生になれば、嫌でも将来、どうするのかは耳に入ってきます。奨学金を貰っていれば、その返済に高給な仕事を探したいと思いでしょう。それならば、時間のある学生の内から少しずつでも返したいと思うのも道理ですよね。

また、大学を卒業したのに、バイトをしている…と言うのは人から少し偏見を持たれやすいです。勿論本人からしてみれば良いお世話ですし、何かの資格取得を目指しているのかもしれません。

そういう意味では、バイトは大学生までなら堂々としていても変ではないですし、学生にしか出来ない事だと言えます。

色んな体験をするという意味でもとても良いですので、筆者は大学生は寧ろバイトすべきと考えます。

 

バイトに興味があるなら、以下の記事もおすすめです。

 

 

 

接客業のバイトで大学生が成長するためには?

 

大学生がホテルのアルバイトで成長するポイントとは?

飲食業のバイトで大学生が成長するためには?

大学生が塾講師のアルバイトを通じて成長するためには?

大学生のバイトの平均とは?平均時間、平均月収などを解説

大学生のバイトの税金とは?バイトしすぎると税金がかかる場合とは?

大学生のアルバイトの履歴書とは?履歴書の書き方や注意点を解説

 

大学生のバイト事情とは?バイトしないのはまずい?バイトをしない理由他、バイト事情を解説

 大学生の一人暮らしのアルバイトとは?