未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

ピッキングのアルバイトのメリットとは?身につくことや重要性を解説

 

ピッキングのバイトを頑張ろうとする大学生が成長するためには?

今回は、「楽」で割の良いと偏見をもたれがちな、ピッキングバイトについての体験談を通して、身につくことや、成長できるポイントについて記します。

物流でのピッキングバイトでの体験談の寄稿から考えていきます。

ピッキングとは?

ピッキングとは、倉庫にある在庫製品から、指定商品を探し、見つけた上で取ってくる仕事を指します。製品は企業によりさまざまで、大型商品から小型商品まであります。

冷蔵庫内でのピッキング作業がある会社もあります。

ピッキングバイトの仕事内容とは?

ピッキングバイトでは、2種類の方式があるようです。

「摘み取り式」あるいは「種まき式」という2つの方式があります。

摘み取り式とは?

「摘み取り式」とは、支給される端末や紙に明示されているピッキングリストに従い、倉庫内から商品を一個一個手で取ってくる仕事です。

種まき式とは?

「種まき式」とは、ベルトコンベアーの前で待機し、流れてくるケースに自分の担当の商品を入れる形を指します。

 

どちらの方式も採用している倉庫もあります。

ピッキングは、通信販売で注文された商品の発送を思い浮かべるとイメージしやすいでしょう。amazonなどの倉庫には、品番や入荷日ごとに仕分けされ、倉庫内の棚に収まっています。

通販で注文があると、注文内容が倉庫に送られ、ピッキングのバイトを行う方に、当該商品を取ってくるように、との指令がなされます。

ピッキングした商品が当該商品かどうかは、バーコードを読み取ったり、目視で確認しすることで確認される体制が整っています。

検査を経て、梱包作業、そして発送となります。

ピッキングのバイトでは、倉庫内から指定商品を指定個数取ることを繰り返す作業です。ただ、ピッキングに加え、仕分けや検査、梱包作業まで任されているケースもあります。職場によっては、「何分以内に何個」などノルマがある場合がありますが、慣れれば速くなります。

ピッキングのバイトの体験談 どうやったら上達する?

今私は運輸倉庫業の会社で商品管理職として働いております。その中でピッキング作業はとても大事なウェイトを占める作業です。実際アルバイトの方も働いていますが、その中でも作業が早い遅い、正確でたらめなどその人によって様々です。

しかしピッキングによるミスは最終的にはお客様へのクレームにつながる重大なことで決して許されることではありません。そのためどうやったらピッキング作業が上達するのかお話させていただきます。

ピッキング作業に長けていない人には特徴あり

そもそもピッキング作業に長けていない人には特徴があります。
まずピッキングするときに集中していない。

手に取る商品、ピッキングチェックに使うリスト、など常に視点をいろいろな物に変えながら作業を行うのですが、大体おしゃべりが過ぎる人はまず遅いですし、間違いが多い。ピッキングに集中していたら話す暇などありません。

しゃべらなくてもできる作業ですがそもそもしゃべると間違いやすい作業であることを重々理解してください。

 

そして自分が行った作業をチェックしていない。ピッキングした商品ががリストと同じか、数は間違っていないか、作業が完了したらそのチェックを入れているかなどです。

間違いの多い人はこのピッキングリストにペンなどでチェックしてませんし、数の書き漏れや商品の入れ忘れなど頻繁に行います。必ずペンをもってチェックしながら行うことです。ここでもこの作業に注視していたら話している暇などありません。

ピッキング作業を上手にこなせると仕事がきっちりする

それからピッキング作業を上手にこなす人は仕事がきれいです。要はいらなくなった商品の空ケースを片付けながら、あるいはピッキングし終えたそれぞれの商品ボックスを定位置に細かく戻すなど常に片付けながら作業を進めます。

逆に下手な人はとにかく今必要不要関係なく自分が作業している周囲にありとあらゆる物があふれています。こんなに窮屈なスペースでは効率よくできるはずがありません。上手な人は常にスペースを広く使いながら作業を進めています。

整理整頓が上手下手はとても重要なことです。

ピッキングバイトでの成長には二度と同じ過ちを繰り返さないためにはどうするのか考える

最後にこれが一番大事ですが、あってはならないことですがピッキング作業はどうしても人が行う以上間違いをゼロにするということは困難です。どんな上手な人でも間違う時があります。しかし大事なことはこれからです。

上手な人はその失敗を反省し、次回にその反省を生かし改善策を何かしら実行しようとします。要は二度と同じ過ちを繰り返さないためにはどうするのか考えるのです。逆に下手な人は同じ過ちを毎回繰り返します。

ピッキングバイトで真剣に改善する姿勢を身につけることができる

そういう人に限って間違ったことに対しあまり真剣に考えていません。反省の色が薄いのです。この自分がやってしまった失敗に対するその後の姿勢次第でピッキング作業の精度は大きく変わります。そしてその精度が上がることがありとあらゆる仕事に精通してきますし、まわりの同僚の評価も大きく変わってきます。

大学生の方でピッキングのバイトを考えておられるならば是非お勧めします。たかがピッキングですが、上述してきたことはありとあらゆる職種に通じる基本的なことばかりです。ぜひ頑張ってください。

ピッキングのバイトの時給とは?

時給の相場は1060円前後となっています。経験やスキルに左右されずに働けるのがおすすめのバイトとなっています。ただし、フォークリフトの資格があると、倉庫内の仕分けや荷物運びの歳に重宝される場合もあります。

ピッキングのバイトの求人状況とは?

ピッキングのバイトの求人は多く、需要が多いです。

時期によって大量に募集が出ることもあり、短期バイトでまとまって稼ぐこともできそうです。


長期で働く場合も、シフトは自由に組める場合も多いです。なぜなら、大規模な倉庫になると数百人規模でピッキング作業者が働いているケースがあり、人が多いのためです。繁忙期に急に人手が必要になった場合に短期の募集もあります。

ピッキングのバイトがおすすめの人とは?

単純作業が好きな人、一人で黙々と作業をこなすことが得意な人には向いている仕事でしょう。人間関係に気をつかうこともなく。自身のペースで働くことができることも嬉しい点かもしれません。

また、自身で考え、効率よく行う方法、ピッキング方法を工夫し、時短に励んでみるのも手です。

企業ごとに内容は異なりますので、自身にあったピッキングバイトを選ぶようにしましょう。