未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生のバイトで得られるスキルとは?スキルアップしたい人にバイトは最適?

 

今回は、大学生がバイトで得られるスキルとは?という項目で、記事を寄稿していただきました。参考にして下さい。

私は現在大学一年生で、一人暮らしをしている。また、バイトを二つ掛け持ちしている。5月に中華屋さんを始め、そのバイトである中華屋さんが慣れ始めた7月にパン屋さんで働き始めダブルワークの形を現在もとっている。月曜日、木曜日はパン屋さん、金曜日、土曜日、日曜日は中華屋さんと言った形で、週に5回働いている。

 

始めの頃バイトを覚えるのに必死で何度も辞めたいと思ったことがあるがいまはその気持ちよりもバイトをすることによってお金以外の大切なものを得ることができると思ってバイトに望んでいる。


大学生活でバイトをし始めて半年経ったいま私が思う大学生のバイトで得ることができるスキルとは、主に4つある。

大学生のバイトで得られるスキル1 金銭感覚

一つ目は金銭感覚だ。バイトをするようになってどれだけお金を稼ぐことが大変なのか理解することができた。そのことによって自然と仕送りや学費を払ってくれる親に感謝できるようになった。

また今まで欲しいと思ったらすぐ購入してしまっていたのだが、いまではそれが私にとって本当に必要なのか、いつどのように使うのかといった用途をより具体的に考え必要じゃないと判断したものは購入に至らない。

私自身上京して一番の変化と言ってもいい金銭感覚がこれからの人生でとても役に立つと考える。

大学生のバイトで得られるスキル2 初対面の人とコミュニケーション

二つ目は、社会に出たとき必ず役に立つ。社会に入ると人脈作りが大切になってくる。私自身中華屋さんでホールを担当しているのだが、毎日初対面のお客さんと接さなくてはいけない。

 

このことになれることによって初対面の人とコミュニケーションを図る上で拒否反応であったり緊張しすぎないで話すことができると考えている。また、私のバイト先には国会議員であったり芸能人や著名人がよく訪れる。その際に顔を覚えてもらい自分の人脈作りに励むことができる。

私は学園祭実行委員会という委員会に所属しており、夏休みの2ヶ月間毎日学園祭を彩る装飾を毎日製作していた。

学園祭を彩るという目的だけのために2ヶ月間費やすというのは少しもったいなく感じ、病院に学園祭で使用した装飾を寄付しようという企画を提案した。その企画は学生課にも通り、当時どの病院に寄付するか悩んでいた。

そんな時バイト先に某病院の副委員長が来店し、バイト中ではあるが、その企画内容を説明する時間をもらった。これをきっかけにその病院に装飾を寄付するまでに至った。
このようにいつどこで役に立つかわからない。

この経験があるからこそ、バイトでお客さんと対面する時話す時常に言葉遣いや行動を意識する。この言葉遣いは年上の人に嫌な思いさせないためには必ず必要なスキルだと思っている。これらのことから私は社会に必ずバイトの経験は生かされると確信している。

大学生のバイトで得られるスキル3 人との関わり方を学ぶ

三つ目は人との関わり方を学ぶことができることである。私だけかもしれないが少なくとも私はバイトとは社会に出るための練習だと思っている。

その社会美出るための練習の一つである人との関わり方を学ぶことができないと就職し社会に出たとしてもうまくいかないと予測できる。

なぜかというと、私自身もそうだが人間努力はするもののやはり苦手な人が出てくる。このことは仕方がないことではあるが、そうだからといって苦手な人がいたら喋らないなどそういった態度をとることは間違っていると思う。

苦手な人とどのくらいの距離感でいるべきか学ぶことができるのはバイト先であると思う。

もちろん嫌な上司や社員さんがいるけど絶対我慢すべきとは言わない。バイトの利点は責任感が少ないためにバイトを変えることだってできる。それも一つの手段だとは思う。

しかし苦手な人がいるからといってすぐ辞めることも違うと思う。苦手な人がっできたら私はラッキーだと思うようにしている。そのような思考を図ることによってなんでこの人のことが苦手なのか冷静に考えることができる。またその日が手な人とうまく付き合えた時の達成感が生まれる。苦手な人ができるということは、この壁を乗り越えることによって必ず自分の成長につながる。

大学生のバイトで得られるスキルいろんな人を知ることができること

四つ目はいろんな人を知ることができることである。7月に始めたパン屋さんは駅近に立地しており、通り過ぎる人の人間観察をすることができる。このバイトは道を歩いている人にパンを進めなければならない。

その時こんにちはと挨拶して目があって会釈する人にっこりしてくれる人、聞こえないかのようになんの表情変化もなく通り過ぎる人などいろんな対応をしてくれるお客さんがいる。私は会釈してくれる人であったり何かしらその人に返す行動をとりたい思っている。

何故ならばバイトをしていて気持ちいのはやはり前者の返し方だからだ。人間観察をすることによって、私が何か買う時店員に思いやる気持ちができた。これはバイトを経験しているからこそできる行動である。

 

以上の四つの項目から私は大学生のバイトであることができるスキルは、金銭感覚、社会に役立つスキルであるコミュニケーション力や人脈の構成、人との関わり方、人を知ることができること だと判断する。