未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生のバイトは時間の無駄?時間の切り売りだけではない学びを得よう

 

バイトをしている大学生は多いですよね。
学費や生活費を稼いだり、就職する前に経験を積める、いい機会になります。
ですが、バイトばかりする大学生活は、意味があるのでしょうか。
最後の学生生活、バイトばかりしていては、時間の無駄なのでしょうか。

バイトは時間の無駄じゃないとは?

大学生でバイトをすることは、社会との接点を持ち、経験を積むことができます。
そのため、一概に「大学生のバイトは時間の無駄」とは言えません。

・将来役に立つスキルを身に着けたい
・就職するために経験が必要
・人間関係のスキルを身に着けたい
・社会経験をしたい

 

そういった強い目的があるのなら、バイトの時間は無駄とは言えません。
将来の目標が定まっていない人でも、バイトをしてから、興味のあることや自分に合った仕事を知ることができます。

人生に一度の大学生活とバイトの時間を天秤にかけると…

「バイトは無駄じゃない」と考える人は、一度考えてみてください。
あなたの、人生に一度の大学生活と、バイトに費やす時間。
天秤にかけてみて、あなたはどちらを取りますか?
大学生活で得られることは、どんなことがあるでしょうか。

・勉強する時間が確保できる
・コミュニケーション能力をのばすことができる
・ボランティアなどに参加する時間がある
・教授やそのほかの企業の人たちとの交流を持てる

 

大学生活で得られるものは大きいです。
また、これらはすべて「自分のため」になることです。

例えば、あなたが企業の人事担当だったとします。
「これまでアルバイトでこんな経験をして、こんなことを身に着けてきました。バイトが忙しくてボランティア等には参加できていません」
「これまで勉強をしてこんなことを学び、ボランティア活動ではこんなことを知りました。教授との出会いでこんなことにも参加させていただき、こんなことを経験しました」
あなたなら、どちらを採用したいと思うでしょうか。

要はあなたのためになるかならないか

極端な例でしたが、バイトばかりで他の経験ができていない人と、バイト以外の経験をしてきた人、採用したいのは、バイト以外の経験をたくさん積んできた人ではないでしょうか。
ですが、バイトを一生懸命してきた人であれば、話は違ってきます。
バイトでバイトリーダーを任された、接客の中でこんなことを知った、など、「質」によりますよね。

つまり時間の無駄かどうかは、「質」によります。
ただバイトをして、一日の6時間を無駄にするのか、バイトで様々なことを考えながら一日に6時間の社会勉強をするのか、ということです。
一日6時間を無駄にしていたら、もちろんあなたのためにもなりません。
貰える給料は同じでも、その経験が違ってきます。
同じ給料なら、学ぶことが多くないと損です。
だって、あなたの貴重な大学生活を費やしているのですから。

お金がないからバイトをするしかない

大学生になって、一人暮らしをはじめる人も多いですよね。
学費もかかりますし、一人暮らしとなると生活費もかかります。
友達と遊ぶお金も必要だし、サークルの部費も必要だし、なにかとお金がかかるのが大学生です。
もう大人なんだから、せめて親の負担を減らしたい。
そんな思いでバイトをしている人も、少なくないでしょう。

「結局バイトをしないで済むのはお金持ちだけ」
そう考えている人も多いですよね。

家庭の事情でやむを得ずバイトをしなければならない場合も、一概に「バイトは時間の無駄」とは言えません。
かといって、バイト以外の時間もおろそかにしたくないですよね。
やむを得ずバイトをしている場合は、バイト以外の時間をどう使っていくかで、あなたの経験が左右されます。
24時間ずっとバイトをするわけではないですよね。
講義を受ける時間、休み時間、バイトが終わってからの時間、バイトが無い日の時間…。
そういったバイト以外の時間を充実させられれば、時間を無駄にしているとはいいません。
むしろ、バイトと私生活を両立できている人は、片方しか充実できていない人に比べて、貴重な体験ができているといえるでしょう。

大学生活はとっても貴重なもの

大学を卒業して、働いている人が良く言いますよね。
「大学生に戻りたい」
そのくらい、大学生活は貴重なものなんです。

そして、大学生活の4年間は、あっという間に過ぎてしまいます。
楽しい時間は、すぐに終わってしまいます。
だからこそ、あなたのその4年間が、どれだけ色濃いものだったのか、それが重要になってきます。

大学生のバイトは時間の無駄なのか?

結論としては、大学生のバイトが時間の無駄と一概には言えません。
しかし、その質による、ということです。
バイトをせずに、自分のためになることをやり続けることは立派です。
バイトをしているなら、あなたのためになるならすればいいし、ためにならないと感じたらやめるべきです。
自分の大学生活と、バイトに費やす時間を比べてみて、どちらが大切か、ということを考えればすぐに判断ができるでしょう。
同じ給料をもらうなら、ただ働くだけでなくて、目的を持ちましょう。
また、バイトをしている人は、バイト以外の生活を充実させましょう。

大学生活はとっても貴重な時間です。
ですが、あっという間に過ぎてしまう時間です。
その時間を無駄にしないように、充実した大学生活を送ってください。