未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生のバイトの税金とは?バイトしすぎると税金がかかる場合とは?

 

大学生になりバイトをしすぎると税金がかかる?税金がかからないようにするには?

ここでは、大学生のバイトの税金について詳しく解説します。

大学生のバイトで税金の申告が必要な場合とは?

大学生といえども、バイトをして収入を得ていれば税金が発生してきます。給与所得というものです。一定以上の収入を得ている場合は、税金の申告が必要になってきます。ズバリ、その金額は年収で103万以上の方となります。

バイトで得た収入は給与所得というものに分類されます。給与所得の計算は収入から、その収入を得るためにかかった経費を差し引きます。給与としてもらっている方は、かかった経費の計算があいまいですので、計算方法が決められています。

 

そこから基礎控除といわれる38万を差し引くと、所得金額が出てきます。

これに税率をかけて税金額を確定します。給与所得の最低ラインの経費は65万となっています。よって、68万+38万の103万は控除されるわけですので、103万までの稼ぎであれば税金はかかりません。

 

よって、税金の申告も必要ありません。仮に、103万を超えていた場合なのですが、他に収入がない限りは、申告の必要はありません。給与を貰って税金が発生する方は「源泉徴収」と言って給与から税金が天引きされます。

この源泉徴収は、会社が行ってくれますので、本人でどうこう動く必要はありません。給与を2箇所から受けていたり、実は不動産を盛っていたり、はたまた、大学生なんだけど起業して、事業による収入がある等の場合には、申告が必要なケースがありますので気をつけてください。

大学生のバイトで税金がかかる期間とは?

税金の計算は1月1日から12月31日までにどれだけの収入を得たかで計算されます。その請求は、翌年からスタートします(ここでは、源泉徴収=給与天引きを前提とします)。税金の関係に関しては、1つ注意しなければならない点があります。

 

これは定年間近の社会人であっても勘違いしやすいところですので、よく覚えておく必要があります。税金は、前年の収入(所得)に応じて、翌年からかかってきます。つまり1年送れて請求されるということです。

 

所得の確定時期も、ずっとそのまま勤め続けていたのであれば、会社は見込みで計算してくれますので、1月に支払われる給与から天引きされるかもしれませんが、辞めてしまった人の場合は、税務署から直接7月(早ければ6月下旬)あたりに請求が来ます。

 

バイトをして、日常の生活が楽になり、「これなら生活余裕」ということでバイトを辞めてしまうと、無収入の状態にも関わらず税金の請求が来てしまいます。

 

収入がないにも関わらず、去年までなかった余計な出費をしなくてはいけなくなりますので、そのあたりもよく考えて行動する必要があります。

大学生のバイトの税金を計算するとは?

親にも税金がかかる?バイトの税金に関しては、前段のとおり年収で103万を越えなければ、問題はありません。

例え超えたとしても、会社が源泉徴収という方法で給与天引きを行いますので、自分で計算することはあまりないでしょう。

 

実際に、計算を行ってみたいという場合には、国税庁のホームページなどでご確認ください。ここで、1つ考える必要が出てくる部分があります。扶養控除という問題です。扶養控除というのは、「こいつを養っているから、1人身の人より金がかかる。だから、所得からその分の金額を控除して」という趣旨のものです。

 

おそらく親御さんの税金の申告時には、扶養者として、親御さんの所得を減らしてくれるネタになっていたことでしょう。

しかし、この扶養控除は、あくまで収入のない人を養っているということが前提となりますので、所得税がかかってくるような人までは対称にしていません。給与所得が発生し、税金を払うということは、親御さんの税金が上がるということも覚えておいてください。

大学生のバイトの税金に交通費も含まれるのか

交通費というものは、会社が「この人にきてもらいたい」ということで支給するものです。

立派な給与の一部になります。しかし、給与として手に入れたとしても、通勤という行為によって、その収入金額はゼロになってしまいます。

収入を得るための必要経費にあたってきますので、非課税扱いとなっています。ただし、あまりにも遠方に通ったり、徒歩10分もかからずに通えるのに通勤費が出ていたりすると、税金のかかる対象となりますので注意が必要です(そんな会社はほとんどないと思いますが)

大学生のバイト収入に税金が発生するには何時間働く?

年収で103万というのが税金がかかる、かからないの基準の1つです。これを時給換算してみれば、何時間ぐらい働くと103万を超えてしまうのか計算できると思います。例えば、1回の出勤で3h。週3くらいのバイトであれば、最低賃金を考えても、103万を超えてくることはないのではないでしょうか。

毎週、又は毎月どのくらい稼ぐと税金がかかるようになるのか逆算しておくといいかもしれません。

大学生がバイトを掛け持ちする場合の税金とは?

この問題は一番厄介な点だと思います。正しく手続きされている方はほとんどいないと思いますし、実際、税務署側も把握しきれていません。

本来であれば、2箇所以上から収入を得た場合には、確定申告を行う必要があります。ただし、それは税金が発生する人です。

給与所得だけの人であれば、2箇所から貰った給与が103万を超えている人です。

税金は、申告制を取っていますので、本人からの申出によって税金が発生してきます。もしも、それを隠していたことが判明した場合には、強制的に徴収するという手法をとっています。

税務署の職員も限られた人数ですので、全国民の申告が正しいのかまでは追っかけることはできません。

しかし、もしも申告漏れが発生した場合は、重いペナルティが課せられてしまいますので、所得があるのであれば申告をしましょう。