未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生のバイトの効率とは?効率よくバイトで稼ぐための方法

 

この記事では、大学生がバイトで効率よく稼ぐ方法を解説します。

効率よくアルバイトで稼ぐとは?自分のライフスタイルに合わせて選ぶこと

効率よくアルバイトで稼ぐために最も重要なことは、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことです。

「稼ごう」と思い、求人情報でまずチェックするのは時給ではないでしょうか。もちろん時給と労働時間によって給料が支払われるため、時給もお給料には大いに関係する項目です。

しかし、コンビニや飲食店、派遣スタッフ…などさまざまなアルバイト先があり、営業時間やシフトの頻度もさまざま。

時間がたくさんある方であれば、コンスタントにシフトに入れる飲食店・居酒屋がおすすめ

時間がたくさんある方であれば、コンスタントにシフトに入れる飲食店・居酒屋がおすすめです。

 

まかないが出るところも多く、また労働時間が長ければ長いほど無駄遣いのリスクも少なくなります。ランチとディナーで営業が分かれているところであれば、実際に働き始めてからの時間の使い方をイメージしてみましょう。

 

ランチ営業とディナー営業の間に時間が空いた時に、一度自宅に帰ることを考えるのであれば断然家の近くで働くことがおすすめです。

また、深夜手当は割り増しになっていることが多いので、学生のアルバイトでは深夜手当も欠かさずにチェックするようにしましょう。シフト制で働く場合には、自宅からの距離と深夜手当の有無を優先度高めで考えると効率よく稼ぎやすくなります。

決まったシフトで働くのが難しいという方は派遣スタッフがおすすめ

一方で、授業が忙しかったり、なかなか決まったシフトで働くのが難しいという方は派遣スタッフがおすすめです。決まったシフトはなく、月の初め・あるいは週の初めに自分が働くことのできる日程・時間帯を申請すれば、その予定にあった案件を企業が紹介してくれる、というものです。

 

試食販売、インターネット回線のセールスレディ、イベント補助など職種はさまざまなので、毎回新鮮な気持ちで働くことが出来る点もメリットになります。

毎回新しい出会いもあるため、自分が何に向いているか分からない人にもぴったりですね。

ただ派遣でアルバイトをする場合、気をつけなければならないのが交通費・通勤時間です。

「勤務地に着くまで・勤務地から自宅に帰るまで」を労働とみなしてくれない案件もありますから、案件を受ける時には交通費支給の有無や、通勤時間が勤務時間に含まれるか否かを確認しましょう。

ここをチェックしていなかった場合、「思ったよりも給料が低い」「時給は高いのに全然稼げない」となってしまう可能性が非常に高くなります。

 

高時給に食いついたものの、コンスタントに働いた方が稼げたかも…なんていう事態に陥ってしまうこともありますので、気をつけて求人をチェックしましょう。

稼いだお金を貯める・使うにあたって前もって計画をたてる

また、稼いだお金を貯める・使うにあたって前もって計画をたてることは非常に重要です。

 

大学生になると旅行やクレジットカードなど、遊びやショッピングに使う金額も大きくなり、高校生の時までよりも高度な金銭に関する計画力が必要となります。この時期に「使いすぎた…」「今月カードの支払いだけでバイト代がなくなった…」「リボ払いにしたらいつのまにか支払いが膨らんだ…」という事案も大学生の間は耳にする機会が増えるかと思います。

 

せっかく自分の時間を割いて働くのですから、自分の欲しいもの・したいことに使うのは大いに良いことです。効率よく稼いだお金ですから、せっかくであれば良い使い方をしたいですよね。
そのためにも「未来の計画」と「実際の支出の記録」をつけることの習慣化がおすすめです。

 

未来の計画をたてるにあたり、具体的に出来る行動としては、まずは支出の枠を貯金と使用する金額に分けて考えることです。貯金に関しては半年単位・1年単位でも大丈夫なので、「何万貯める!」と目標を掲げてみましょう。貯金だけに限らず、夏休みの旅行などにあてる積立として貯金するのも良いと思います。

 

お給料の中から貯金する額が決まったら、次に出費の予定を見積もります。大学生であれば飲み会にも参加する機会が多くなると思いますから、1ヶ月あたり何回飲みに行くか振り返ってみましょう。一回あたり約4000円前後と見積もって、出席する予定である回数分の費用は飲み会代(交際費)として見積もります。

 

また、その月に誕生日の友人がいる場合にはプレゼント代なども必要になってきますね。早いうちから予算を計画し、リサーチすることで無駄な出費を抑え、気に入ったプレゼントを厳選することもできて、良いことづくしです。

貯金額と大まかな交際費の見積もりができたら、あとは毎月の携帯料金など毎月出費が必要になるものを算出します。ここまでできて初めて、自分の欲しいものを何を買おうか、いつ買おうかと考えるのです。

欲しいものを手に入れたい気持ちは十分にわかりますが、欲しいものから先に出費の計画を立ててしまうと、「予定より出費が多くてアルバイト代が足りない…」という状況に陥りがちです。

欲しい気持ちをぐっとこらえて、それを手に入れるためにもアルバイト代を使う時には計画をたてることが重要です。

そして、最近は携帯の無料アプリでも優秀な家計簿アプリが出てますから、出費を記録して来月の出費の計画に役立てましょう。自分の出費の中で無駄な部分が見えてきたり、予定外の出費の見積もりもしやすくなりますよ。