未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生はバイトで責任のあることを担った方がよいとは?責任あることを担うメリット

 

大学生がバイトで責任あることを経験する方が楽しい?

あなたは、「責任」ということについて考えたことがありますか?ここでいう責任とは、コトバンクに載っていた言葉を引用すると、『立場上当然負わなければならない任務や義務』のことです。

 

最近テレビでは、責任が多く負う人の役職、いわゆる社長のような立場の人が、会社の不祥事により、重々しい面持ちを見せながらスーツ姿で謝る姿を、テレビで見たことがある人も多くなってきています。

このような場面を目にすると、「責任を果たすことなんて面倒くさい、大変そう」と避けてしまう人もいるのではないでしょうか?

しかし、ここでは、大学生の時のような若いころから、責任あることを経験することをオススメします。なぜなら、就職をするうえで、または社会を生きていくうえでとても役に立つパワーになるのではないか、と思うからです!

そこで、「責任」あることを経験するメリットを3点に分けて紹介します。

大学生はバイトで責任ある立場により経験豊富に

責任ある仕事に就くということは、その分対応しなければいけない業務も増えます。業務、言い換えれば、経験が増えれば、成功して喜び、時には失敗して落ち込むことも多くなるでしょう。失敗した経験を生かして、なぜ失敗したのかという改善点を見つけて直していけば、それが、自分を成長させるきっかけに繋がります。

大学生はバイトで責任ある立場により判断力がアップ

責任があるということは、多くの支えなければいけない人たちが増え、その場で自ら考え、自ら行動しなければいけない大変な場面が、相対的に多くなってくるということです。精神的に追い込まれることもあるでしょう。ですが、その分そのような場数が増えるので、判断力がついていきます。

大学生はバイトで責任ある立場により何より楽しくなる

真剣に仕事に打ち込んで汗をかいた分、それをやり遂げた時は達成感でいっぱいになり、楽しさを感じるでしょう。

さらには、その達成感から自己肯定感に繋がります。また、自分を求めてくる人の数が多い分、他者から認められるので、仕事のやりがいに繋がります。

 

このようなメリットを見て、もし責任あることを経験したくなったら、まずはアルバイトをしてみるということが手っ取り早いのではないかと思います。

最初はその場のアルバイト先の初心者として先輩に教えてもらいながら、アルバイトの経験を積みます。

次第に場数もこなし、そのアルバイト先に慣れることで、だんだんと昇給するなどして、位も上がり、責任ある立場になっていきます。

自分がかつての先輩になり、後輩を教えるようになっていくことで、責任あることを経験できるのではないでしょうか?

あとは、責任を伴うということで言うと、実は、TwitterやInstagramというようなSNS上においても存在するでしょう。

えっ、と意外に思われる方も多いのではないでしょうか?TwitterやInstagramというのは、様々な人が自分の意見を気軽につぶやくことができます。そこで注目され、フォロワーが多くなると、自分の発言に注目される場面も増えるわけです。

 

そこで、あなたが誰かの悪口を名指しなどで言う、というようなモラルに欠けた行動をとったとしましょう。名指しで言われた本人も傷つきますし、その発言を見たフォロワーが、あなたを信用しなくなり、フォローを外す人も出てくるでしょう。

 

発言によっては、業務執行妨害などの罪で訴えられるかもしれません。責任があるということは、それほど人に求められるということなのです。
成長したいそこのあなた!若いころからいろんなことに挑戦して、自分の自信となるものを身につけましょう。