未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

短期留学のメリットとは何?短期留学で成果を出す方法を解説

 

大学時代に経験できる醍醐味のひとつが短期留学です。
短期留学は、数週間から数ヶ月の比較的短い期間、海外に留学し、現地の大学の講義に参加したりしながら学びを深めるプログラムです。
短期留学では、単なる学問や海外経験に留まらず、様々な学びを得ることができます。

短期留学で得ることができる学びと経験には、どのようなものがあるのでしょうか。

短期留学での成果の一つとは語学力

短期留学に行く目的に語学力の向上を挙げられる方も多いことでしょう。
もちろん短期留学に行けば、短い期間ながら海外生活を送るため、語学力は飛躍的に向上します。

 

ただし、短期留学で身につく語学力は、期間が短期間のため、維持するためには、事前・事後の継続学習が欠かせません。

 

短期留学で語学を学ぶ、というより、これまで学んできた語学を実践する実践訓練の場として短期留学を利用したほうが、コミュニケーションの中で様々なフィードバックが得られ有意義な学びを得ることができるでしょう。

短期留学では現地の文化を学べる

語学力だけでなく、現地の文化を学ぶことができる、というのも短期留学で得られる貴重な経験でしょう。


テレビのドキュメンターリや、単なる海外旅行で得られる海外経験は、どうしても、その国の美しい部分ばかりにフォーカスするため、表面的な部分しか学ぶことができません。

 

しかし、短期留学の場合、現地の住民が実際に生活している生活圏で生活を共にすることができるため、観光客向けでない、現地のリアルな食事や、一般的な住宅街の街の様子など、海外の国でのそのままの生活を体験することができます。

 

その国の良いところも悪いところも含めて、現実的な部分を経験することができる、という点も短期留学ならでは
ではないでしょうか。

短期留学の良い点はコミュニケーションスキルを磨ける

短期留学では、語学以外の部分でのコミュニケーションスキルを身につけることができます。
日本人は、世界の中でも「空気を読む」ことに長けている国民性を持っていると言われています。

例えば、日本語の場合、電話で相手を呼び出す時、
「○○さんいらっしゃいますか」
と尋ねれば、意味が通じます。
しかし、これを英語に直訳すると、
"Is Mr(s).○○ there?"
となってしまいます。

逆に、英語で、電話で相手を呼び出す場合には、
"May I speak to Mr(s).○○?”
となります。
日本語に直訳すれば、
「○○さんと話して良いでしょうか?」
という感じでしょうか?

これは、日本語が言葉の持つ意味以上に意味を込めることができる(大まかに言うと、空気を読み合いながら
使うことができる)言語で、逆に、英語は、思ったことを文面通りにつたえなければいけない言語だからです。
(言語学では、ハイコンテクスト/ローコンテクストと表現されます。)

短期留学では、基礎的な言語の知識だけでなく、言語の違いに隠されたコミュニケーションの難しさについても
学ぶことができます。

 

このことは、留学を終えて後、相手と決めごとをするためにディスカッションをしたり、相手を説得する必要が
ある時などに経験として生きてきます。短期留学で相手に伝えることの難しさを身を以て経験できるため、
どうすれば、相手に伝わるか、表現を工夫しながら人と対話することができるようになります。

短期留学では度胸を身につけることができる

短期留学では、度胸を身につけることもできます。
度胸は、地味ながら将来までずっと役に立つ重要なスキルです。

短期留学では、飛行機の搭乗手続きから、現地での生活と学問まで、誰の助けも得ることができません。
日本であれば、気軽に友人や親の助けを得ることができるかもしれませんが、短期留学では、知らない人の
中に飛び込んでいくため、助けを得るにも自分の力で相手に困っていることや望んでいることを伝える必要が
あります。

また、知らない人が大勢集まる場で、自己紹介や発表などのプレゼンテーションを任される機会も多いこと
でしょう。

短期留学でこれらの経験を積み重ねることは、自分の度胸だめしになります。
買い物ひとつ、食事ひとつに必死になることで、一時的には、大きな心の負担と疲労感を感じるかも
しれません。
しかし、帰国後にその経験は、大学の学問や将来の仕事をするうえで、どんな場面でも、自分に負けずに
やり遂げることができる度胸を身に着けてくれることでしょう。

短期留学での成果とは?メリットとは?まとめ

短期留学は、語学力だけでなく、人に伝えるコミュニケーションスキルや未知の場所でも、果敢にチャレンジする
ことができる度胸を身に着けさせてくれます。
知らない海外の国に飛び込むのは、勇気のいることですが、長い夏休みがある大学生の今だからこそチャレンジできる
体験です。
少しでも興味のある方は、チャレンジしてみるのはいかがでしょうか。