未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

大学生の夏休みの時期や期間とは?暇で旅行に行く?勉強する?

 

大学生の夏休みとは?どのくらいの期間がありどのくらいの時期に休める?

この記事では、大学生の夏休みについてよくある疑問について解説します。

 

大学の夏休みとは?いつからいつまで?

日本の大学生の夏休みは、概ねひと月半ほどと言われています。
その期間や開始・終了時期は各大学、さらに学部学科ごとによっても違いますが、前期試験が夏休み前の場合にはその試験が終わり次第ということで、7月後半~末に始まり、9月半ばから末にかけて終わる、という感じです。
以前は二か月くらいがあたりまえと言われていましたが、現在はカリキュラムや就活などの問題もあって、徐々に短くなってきています。

大学生の夏休みは暇とは?

社会人になってしまうともう信じられないようなことですが、ひと月以上を自分の裁量で使えるというのは、これから先の人生ではありえないことです。
しかし、それだけの時間を目の前にして『何をしていいかわからない』とぼーっとしてしまい、そのままぼーっと終わってしまう残念な人もいます。
その時間を有効に使うことで、就活やその先の長い人生のためになることは、実は沢山あるのです。
まず、普段の学校のがあるときには出来ないことを考えてみましょう。
海外のサマースクールなどの留学、資格試験の準備や、語学や楽器の勉強、まとめて本を読んだり、海外ドラマの長期シリーズを制覇してみても良いですね。
北海道を一周するなどのちょっと無謀ともいえる旅をしてみたり、学生を受け入れてくれる企業でインターンシップに挑戦してもいい。
ほら、『暇~~~~』なんて言っていることがもったいないと思いませんか?
学生の今だからこそ出来ることはこんなにたくさんあるんです。

大学生の夏休みに行く旅行とは?どこへ行くのが主流

大学生の夏休みの定番と言えば北海道や沖縄ですね。
時間があるときなら、飛行機でなくフェリーなどをつかって移動時間ものんびりを味わうのが素敵ですね。
首都圏からなら信州なども、テニスをしたり、山に登ったりということでなじみがあります。
近年では九州新幹線などで交通の便が飛躍的に向上した九州では、熊本の辺りがお勧めです。
震災から復興しつつあることもあり、勢いのある土地柄は刺激もあり、阿蘇の雄大な自然も味わえて、とても興味深い土地です。
また、現在修復工事を行っている熊本城は大河ドラマ『西郷どん』のなかでも大きなファクターになる場所なので、興味のある方には是非訪ねて頂きたいです。
時間をかけて回るということなら、北陸もオススメです。
金沢は京都などに比べると規模は小さいながら、美味しいもの、美しいものが沢山あり、江戸時代から栄えてきた加賀の豊かな文化をじっくりと学び、味わうことができます。

大人になってきたらなかなか出来ない、ゆっくりとその土地を見て、遊ぶというのは、大学生の特権でもあります。
是非、その時間を大切に使っていただきたいですね。

大学生の夏休みにすべき勉強とは?

まず、運転免許を取りましょう。
就職してからはなかなか時間が取れませんし、就職そのものにも『要・運転免許』とされている場合も多々あります。
合宿免許なら2週間程度、通常の通学でひと月程度となりますので、アルバイトなどとの兼ね合いも考えてスケジュールをたてると良いでしょう。
また、企業のインターンシップなどもお勧めです。
実際の仕事を体験して将来やりたいことの目標を定めるためにも大切なプロセスです。

語学の集中講座に通ってみたり、さまざまな資格取得のための受験勉強に費やしてみるのもよいですね。
それほどガツガツしたくないな、という場合には、普段読まないような教養を深める本を沢山読んでみるというのも、きっと将来のために何某かの役に立つでしょう。

大学生の夏休みにすべき遊びとは?

せっかくの『夏休み』ですから、『夏』にしか出来ないことを沢山やってみましょう。
季節がら海や山のキャンプなどのアウトドア、ちょっとハードな登山も良いですね。
また、全国のお祭りなど、その時期ならではの大きなイベントに行ってみるというのも、とても魅力的です。
若い人におすすめなのは夏フェスです。
好きなアーティストを追いかけていろんな土地に行ってみると、新たな出会いがみつかるかもしれませんよ。

大学生の夏休みにやることとは?

『いつもできないこと』『いましかできないこと』を探してみましょう。
大人になると、仕事や家族の兼ね合いから、どうしても時間が取りづらくなります。
まとまった時間がある、というのはそれだけでも宝物です。
せっかくのその時間をちょっとガツガツ使ってみませんか?
もちろんのんびりすることも大切ですが、ただ『ぼーーっ』とダラダラ過ごしてしまうのは、本当にもったいないことです。

その時間をマネジメントして有効活用していくのも、将来のためになりますよ。

大人になった時に振り返って、『ああ、本当に良い夏休みだったな』と思えるよう、大切に過ごしてくださいね。