未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

接客業のバイトで大学生が成長するためには?

 

接客業のバイトと一口に言ってもその種類は多岐に渡ります。
今回は飲食店でのアルバイトと言うケースを紹介させて頂きます。

接客業のアルバイトを通じてコミュニケーション能力を磨く

まず何よりも対外的なコミュニケーションを学ぶことが出来ます。

 

「接客」と言う部分においてお客様はなくてはならない存在です。
そのお客様が気持ちよく利用し、対価を支払うに値すると認めてもらわなければ接客業は成り立ちません。

 

「また来たい」と思ってもらえることが100点ですので、そのゴールを目指して試行錯誤をします。

接客業のアルバイトを通じて作業の効率化を学ぶ

飲食店の場合、飲み物⇒前菜⇒メイン⇒デザートと言った流れで食べ物を運ぶことが多いでしょう。

しかし、注文を受ける時は決してこの順番で来るとは限りませんし、調理に掛かる時間も料理によって違います。

 

こうしたギャップを埋めるために作業の効率化と言うものをしっかりと理解していなくてはなりません。

 

接客業のアルバイトを通じて料理の知識を得られる

最後に料理の知識を得ることが出来ます。
普段暮らしている中で、この料理がどこの国の料理かなんて意識することは少ないでしょう。
例えば国外に旅行に行く時に名産の料理を知っていればその旅行をさらに楽しめることになるでしょう。

 

また、料理の作り方であるレシピを覚えることも出来ます。
最近ではなかなか自炊をすると言う方が減ってしまい、栄養バランスの偏った食生活を送る方が多く見られます。

 

健康な体はしっかりとした栄養バランスから作られるものですので、飲食店のアルバイトでこうしたことを学べる機会があります。

 

接客業のアルバイトを通じてのコミュニケーション面での成長への取り組みとは?

自分がお客様の立場であることは多いものの、お客様を扱う立場になることは飲食店を含む接客業で働いていなければ経験出来ません。

 

そのため、どう接して良いか分からないと言う問題が起こります。
自分が良かれと思って行ったことであっても、お客様から見れば失礼に値することもあります。

 

社会に出て仕事をしていく上でこうしたコミュニケーションの形成はなくてはならないものです。

 

人は一人で生きているわけではありませんので、家族や友人と言った関係以外の人との接し方は必要不可欠な問題です。

 

接客業のアルバイトを通じての作業の効率化での成長への取り組みとは?

大学ではアルバイトの授業と言うものはありません。
そのため体験しなくては何をどうすれば効率が良くなるか、と言うことは分かりません。

 

また、雇い手としても効率よく働いてくれる人材を重宝します。
解雇になると言うケースはあまりありませんが、時給が上がらないなどと言った待遇面で大きく差が出ますので、自分の成長も兼ねて作業の効率化は徹底すべきでしょう。

 

接客業のアルバイトを通じての料理の知識での成長への取り組みとは?

飲食店のアルバイトには接客から調理まで幅広く行うケースもあります。
そのため最低限の料理の知識は知っておかなければなりません。

最初は失敗も多いことと思いますが、失敗を通して学ぶこともあります。
失敗は成功の母と言う言葉もありますので、飲食店で働く以上は料理の知識の吸収にも励みましょう。

飲食店のアルバイトでコミュニケーション力を上げるための実践

接客マニュアルを用意している飲食店も多くあることでしょう。

まずはマニュアル通りに接客を行い、その中で過不足を修正していくこととなります。
無論最初は怒られることもありますし、上手くいかないことばかりです。

しかし、そこで諦めてしまうと今後の成長は望めません。
何が悪かったか、今後にどう生かすか、と言うことを念頭にめげずに頑張って下さい。
自分自身で答えが出ない時は職場の先輩やオーナーなどからアドバイスをもらうことも解決法の一つです。

飲食店のアルバイトで作業の効率を上げるための実践

こちらもマニュアルが用意されていることが多いです。
ですが、やはりマニュアルだけでは対応出来ないことも多くあり、経験がものを言うこともあります。

 

当然ながら飲食店での効率化を学ぶこととなりますが、効率化に際しての道のりと言うことも学ぶことができ、今後多くのことに役立つことでしょう。

 

飲食店のアルバイトで料理の知識をつけるための実践

これもマニュアルが用意されていることが多くあります。

しかし匙加減一つでまったく違ったものが出来上がってしまう可能性もあるので、以前から調理を行っている人にアドバイスをもらう方が確実でしょう。

 

また、マニュアルがない場合には自身で調べる必要があります。

無論これも調理を行っている人から聞いて覚えると言うケースもありますが、「聞いたこと+自身で調べた知識」が必要になります。

 

料理の知識だけに限らず物事を調べると言うことも身につきます。

 

以下の記事も参考に…。

 

www.xn--o9jm3a4v7e7d398un62bgpa916i.site

 

 

www.xn--o9jm3a4v7e7d398un62bgpa916i.site

 

 

www.xn--o9jm3a4v7e7d398un62bgpa916i.site