未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

飲食業のバイトで大学生が成長するためには?

 

今回は、飲食店でアルバイトをしていた方に、どのような経験をして、どのように成長できたか、というポイントを書いていただきました。自身が飲食店でのアルバイトで何を得ていくか、どのように成長していけるかを考えるきっかけにしていただけると幸いです。

 

飲食業でアルバイトを始めた時はどのような点に気をつけたか

ショッピングモール内にあるレストラン街の飲食店でアルバイトをしていました。新しいお店だったのでオープニングスタッフです。

 

他の店舗はあり、社員の方のみ経験があり、アルバイトの学生やパートの主婦の方は全員初心者でスタートという状況でした。

 

まずは、仕事を一通り覚えることに集中しました。わたしが任された仕事はホールスタッフでした。

 

はじめてのことだったので聞いたことはメモを取り、いつもメモ帳を持ち歩いていました。

ホールスタッフの経験で気をつけたこととは?

わたしはどちらかというと人見知りをしてしまうタイプで、ホールスタッフは向いてないのでないかと思うことも何度もありました。

 

そんなときはうまく対応していると感じる社員さんの対応方法を見て真似るようにしました。

 

例えば、おすすめのメニューを紹介して話を膨らませお客様と仲良くなり常連さんになっていただいているというお話をききました。

 

ただマニュアル通りに接客するのではなく、お客様に合わせた対応が必要なことを学びました。

わたしも、お客様と少し踏み込んだ話ができるようになりました。

 

お会計の際に、接客がよかった、また来るねなどの言葉をいただいたときは大変嬉しく、やりがいを感じました。

 

次に来店してくださったときに顔を覚えていただいているとどんどんやる気も上がっていきました。

飲食業のアルバイトの中で起こった問題とは?自分はそれにどう向き合ったか

お客様とお話をしている中で、メニューについて詳しく質問されることがありました。

 

しかし、接客業しか経験していないわたしは、メニューの詳細まで説明することができず、社員さんに助けてもらいました。

 

よりよい接客を行うには、メニューの詳細まで知りたいと思うようになりました。

そこで、自分自身の成長を目指し、キッチンの業務もやってみたいと店長に申し出てみました。

 

申し出を受け入れていただくことができ、挑戦がはじまりました。

 

もちろん調理の経験もないので一からのスタートです。

 

料理の過程を覚え作ることができるようになりましたが年末年始等の繁忙期は注文が殺到し、何から手をつけていいのかわからないこともありました。

 

そういった際は素直に助けを呼び手伝ってもらいました。

 

その様子を見てどうしたら効率よくできるのかを学んでいきました。

 

キッチンの中でも業務が大きく三つに分かれており、はじめはそのうちの1つを担当していましたが、全ての業務を学びました。

やがて責任あるポジションへ。どのような経験を積み、どのようなことを学んだ?

ホールでの接客も含め、全てのポジションに対応できるようになったため、人手が足りないときや忙しいときなど頼っていただけるようになりました。

 

やがて、新しいバイトの大学生や高校生が入ってくるようになりました。そこで、教育係を任せていただくことになりました。

 

教わってばかりだった立場が終わり、責任を感じました。

 

仕事内容はもちろん教えますが、相手の不安を取り除くことが大切だと思ったので、コミュニケーションを取ることを重要視しました。

 

悩んでいることはないか、わからないことはないかなど積極的に休憩時間に話しかけてみました。

そこで色々打ち明けてもらえることも多くありました。

仕事の話からプライベートの話もするようになり、バイト仲間との絆も深まっていきました。

 

バイト後にみんなで遊びに行く機会も増えていきました。

 

バイト仲間の絆が深まることで仕事も効率よく助け合うことができるのがわかりました。

 

そういった中で1つ結果に現れたことがあります。

 

お店がオープンして2年が経った頃、ショッピングモール内の売上の前年度比が全店舗の中で1位となり表彰を受けました。

 

大学生の飲食店のアルバイトで成長したと思う点は?

大学を卒業すると同時にアルバイトを終えることとなりました。

おこづかい稼ぎになればいいと軽い気持ちではじめたアルバイトでしたが大学生活を充実させることができ、多くの経験をし多くのことを学びました。

 

一番の成長はコミュニケーション能力が上がったことであると思います。

お客様、社員さん、バイトの仲間と仲良くなれたことはもちろんですが、バイト以外の場面でも全く人見知りをすることがなくなり、友達も増えました。これは社会人になった今でも役立っています。

 

飲食店のバイトはコミュニケーション能力を高める絶好のチャンスです。

 

ぜひお客様や、仕事の仲間に積極的に話しかけていただけると良いと思います。
そして、自分から挑戦することも学びました。

 

どうせできないからいいやと思い、何も挑戦することのないわたしでしたが、やったことのない業務も1人で全てこなせるようになりました。

 

この経験も社会人になった今、仕事をする上で非常に役立っています。

バイトだからまあいいか。と思わず、やってみようかなと少しでも思ったことはどんどん挑戦すると成長につながります。

そして一緒に働いている仲間を大切にすることも心がけてほしいです。

 

わたしは今でも、元バイト先にご飯を食べにいっています。当時、一緒に働いていた仲間と行っています。
社員さんに現在の話をしたり、新しいバイトの子とも仲良くなったりしています。