未来と世界へのプラス

大学生が成長し、少しでも前向きで充実した毎日を送るための情報をお届け!

素直のメリットとは?素直な方が成長でき好かれる理由とは?

 

素直のメリットとは?

人の性質の中に、素直と、素直でない、というジャンルがありますね。

「素直になれよ」とか、
「素直にならないと損だよ」など、
自分をよく知る人から言われたことがある人は、多いのではないでしょうか。

ここでは、素直になるメリットを、大学生を例に考えてみます。大人の方にも有益ですが、あえてこのたとえを使います。

素直のメリットとは?素直であることがなぜ大切なのか?

大学生は、“素直である”ということが、とても大切です。

大切というより、素直さを身に着つけていることは、本人にとって、得なことなのです。

大学生は、就職活動をしたり、人によっては、成人の仲間入りをしたり、社会の中でアルバイトをしたりと、

学生でありながら、大人だとみなされる場面が多々あります。
大学内でも、教授や准教授たちは、高校までの教師たちとは異なり、
大学生に対して、大人としての学習態度や、思考能力を求めてきます。

そしてこのように、“大人”とみなされ大学生の、この頃から、周囲の大人たちは、もはや、簡単には、ものを教えなくなっていくのです。

だんだん利害関係が入り、よそよそしくなる

どういうことかというと、
大人が大人にものを教えたり、社会のルールを教えるときには、
エネルギーや愛情が介在するからなのです。

相手が子供であれば、多くの大人は、“教育”という名目で、
社会のルールを伝えたり、自分が得てきた技術や知識を伝えたりしてくれます。
そしてこのことは、ひとりの成長過程の人間にとって、非常に有り難いことです。

例えば公園などで、小さな子供がいたずらをして、それを見ていた大人が叱る、という場面がありますね。

それは、社会のルールを教えたり、危険から身を守る術を教えたり、と、
叱られる本人にとっては、ためになることなのです。

けれども、子供が成長し、大学生になっていくと、
周囲の大人たちは、他人であるほど、ものを教えてはくれなくなっていきます。

「もう、十分、これまでに躾られたであろう、大人なのだから」
という理由です。

そんな年代である大学生が、自ら、より成長したいと願うときに、
最も周囲の人間が助けてくれ、アドバイスを授けてくれるのが、
大学生本人が素直である場合なのです。

心根が素直な人間に対して、周囲の人の多くは、アドバイスを惜しみません。

素直であればあるだけ、
周囲の人々は、自分が汗や恥を掻きながら身に着けてきた、社会のルールや掟、
技術や、ことによっては秘伝を、教えてくれるものなのです。

想像をしにくいかもしれませんが、もし、自分が大人の側だったらと想像してみてください。

アドバイスをくれるうちが華 大学生のうちから素直さを磨かないと自分が損

本人のためを思えばこそ伝えたアドバイスや自分の経験を、
「うるさいな」
「年寄りが何を言ってんだ」
などと、受け止める若者に、物を教えたくなるでしょうか。

素直さとは、謙虚さのことであり、
自分が成長し、
また、
経験することができない貴重な体験を分けてもらうために最も必要な、
“生きる姿勢”のことなのです。

あまのじゃくな人間や、傲慢な人間に比べ、
人生の早い時期に、素直さを身に着けた人間は、
何倍も物事を吸収でき、人から可愛がられる生涯を送ることができるのです。

例えば、長年組織の中で、しっかりと人々と関わりながら生きてきたある人物が、
自分の職場の欠員を1名、埋めたいと考えているとします。
その人物が、大学生に声を掛けようというとき、
素直な人物と、
まだ大学生でありながら謙虚さを持ち合わせていない人間のどちらに、
その就職情報を伝えたくなるでしょうか。

いい情報は、素直で、これからという未来に伸びしろが感じられる方の大学生に、もたらされるはずです。

これは稀なケースではありません。
人々が自分の豊富な人脈の中から素直な人間を選ぶことは社会に出ると、よくあることです。
時に、素直さは協調性にも通じるため、積極性やアピール力よりも、ずっと重んじられる状況が社会では多々見られるのです。

自分が大学生である時期には、勉強という学生の本分や、スポーツ、友情、恋愛など、
この青春の時期に謳歌したい事柄で忙しく、“素直さがもたらす効能”について、深く考える時間が持てないかもしれません。

しかし、自分の、1度きりの、大切な人生です。

大学生は素直な人ほど好かれるし、人として伸びるのです。

持って生まれた性質はなかなか変えられないともいいます。

確かにもともと気質が短気であるとか、手先が不器用であるとか、
変えるために大きな努力が必要な要素を、自分の中に幾つも発見してしまうかもしれません。

それでも、“素直さという心”を持った人間になろうとすることはできるはずです。

素直さを持たない大人からは、長い年月の間に、やはり、素直さという美徳を備えた人々は、離れ、去って行くものです。

素直さがなければ、人は互いに喜びを分かち合えないからでしょう。

大学生は、大人のはじまりです。
素直さが無限の可能性の扉を開くのです。

素直な人間と、斜に構えた、純粋さのない人間のどちらに人は物を与えたくなるかといえば、
知恵や技、そういった、真に本人のためになるものをこそ、
素直さを持った人間に、人は分けたくなる生き物なのです。

今日からでも、素直さを自分の友にして、有意義な人生を獲得してほしいものです。